大人女性の魅力を演出するノースリーブワンピース

大人女性の魅力を演出するノースリーブワンピース

 

トップス部分にはタンクトップタイプで、スッキリとしたイメージを与える◎

ウエスト切替え部分が高めに設定されているから脚長&スタイルアップ効果◎

スカートはふんわり程よく広がるミモレ丈チュールスカート♪

軽やかで柔らかい雰囲気を引き出してくれる◎

しっかりとした裏地付きで、チュールスカートながら透け感も気になりません。

 


ノースリーブワンピースはココ

優しい着心地だから着たくなる

ロングバルーンTシャツです。
長めの丈ですがコンパクトな袖でバランスを取った大人カワイイ一品。

フィット&フレアーが魅力的なヘビロテ確実な3色展開です。

シンプルで着まわしやすい物が嬉しいから、
ベーシックなアイテムは押さえておきたい所。

無駄な装飾のない洗練されたフォルムでデイリーに
着まわせてお洒落が広がる。
首元はシンプルなクールネックで、すっきり着れる半袖、
ふんわりと丸みあるコクーンシルエット。

だから着たいときに自然と体型カバーを叶えてくれる嬉しい着心地。
長めの丈感が使い勝手がよく色違いで何枚も持っていたいカットソーです。

カットソー生地で着やすいラフな1着。

無地のカットソーは着回し自由自在。

インナーとして重ね着したり、トップスとしてパンツでもスカートでも
何とでも合わせられる優秀さ。

長めのチュニック丈だからスキニーなど細身のパンツと合わせても

ヒップラインを隠してくれるから着痩せした印象に。

デイリーからお出かけまで幅広いシーンに着回せるて本当に使えるんです。

夏にぴったりなカットソはココ

ウエストリボンでメリハリと可愛さアップ

 

リボン付きワンピース

丸襟でガーリーな雰囲気、両側にポケットもついています。

爽やかさと清涼感あるブルー


夏のコーデに最適な押しやれな色合いです。
薄めのデニムなので、着てても涼しいです。

真夏はチョト暑そうです。

リボンでウエスト調整出来るようになっていたので、
リボンをキュッと結んだら着やせ効果になりました

 

飽きることなく永く愛用できる1枚です。

半袖シャンブレーワンピースです。

ウェストにシャーリング入りドロスト仕様になっていますので、
ふんわりとしたAラインがとてもキュートです。

少女っぽいレトロな雰囲気が乙女心をくすぐるワンピースです。
ドロストとは、ドローストリングの略です。

ドローストリングとは、きんちゃく袋のような
絞れるヒモのことで、イージーパンツの
ウエスト部分や、脇のデザインに良く使用されています。

 

大人カジュアルなデニムシャツワンピはココ

 

女の子度満点の大花柄

 

 

今年トレンドのかぎ編みレースが付いた花柄シフォンワンピが登場!

女の子度満点の大花柄&パフスリーブがポイント♪

裾はまるでスカートを重ねているような、ティアードデザイン♪

これ1枚でデートコーデが完成しちゃううれしいデザインです♪

派手すぎない色味なので、大人CUTEな印象に仕上がります 。

ティアードシフォン大花柄ワンピースはココ

 

 

 

夏にマストなシーズンワンピ

 

歩くたびに優雅に揺らめくシルエットで、

女性らしさもいっそう引き立つルックスに。

夏にリゾートに大活躍間違いなしのマキシワンピース。

【素材・サイズ感】

ショルダー部分のストラップは好みの長さに調節可能◎

胸下からの切り替えによってスタイルアップ効果を叶えます。

さらりとした素材は肌触りが良く、裏地がついており透け感の心配もありません。

【スタイリング】

シティではTシャツにストローハットを
かぶってカジュアルに、リゾートでは1枚でドレッシーなスタイルを楽しんで◎

 

シーズンワンピはココ

メイクやファッションを変えるだけで

 

女性やメイクやファッションを変えるだけでガラッと印象が変わります。

大事なイベントがある日、女子会の日、デートの日など、
シーンに合わせて気分も変えたいですよね。

そして特別な日にはいつもとは違う雰囲気を演出したいものです。

適度に流行を意識しながら
「センスが良い」と思ってもらえるメイクやファッションを
デイリーに取り入れるためにはどうしたら良いのでしょうか?

今回はメイクやファッションを勉強する方法をご紹介します。

1.ファッション雑誌を講読する
2.最新クールのドラマを観る
3.おしゃれブロガーに注目する
4.外国映画を参考にする
5.ウィンドウショッピングをする

メイクやファッションを勉強してみよう

1.ファッション雑誌を講読する

女性向けのファッション雑誌では季節やシーンごとのメイクや
ファッションが取り上げられ、特集が組まれています。

そのときの流行を手っ取り早く勉強することが出来ます。

雑誌の種類も若者向け、OL向け、ミセス向けなど多岐に渡っており、
さらにテイストも分かれているので自分好みの
雑誌をチョイスすることができます。

メイクの専門誌も出ており、最新コスメの付録が付いてきたりもします。

メイクなら、肌質別コスメブランドの検証がされていたり、
プロのメイクアップアーティストによる
メイク講座などがわかりやすく解説されていたりもします。

ファッションも、流行コーディネートの着まわし方法や
オフィスでも使える着こなしが紹介されているのでとても勉強になります。

ファッション雑誌に載っているアイテムを1つでも
取り入れれば間違いは無いでしょう。

2.最新クールのドラマを観る

次に参考になるのがドラマや映画です。

最新クールのドラマでは、色々なファッションブランドから
衣装協力がされ、女優さんは最新の洋服を衣装として着用します。

その影響で「あの女優さんが着ているワンピースはどこのもの?」
などの問い合わせが殺到することも少なくないそうです。

全く同じものを購入する必要はありませんが、女優さんが着ていて可愛い、
自分にも合いそうと思うコーディネートがあったら
参考にしてみると良いかもしれません。

コーディネートの仕方によって、手持ちの洋服を着方を
変えることで新鮮に着こなせることがあります。

また、ドラマの合間に流れるCMにも注目です。

女性がドラマを見る時間枠にコスメブランドのCM枠が多いのです。

そこで、最新メイクをチェックするのも良いでしょう。

3.おしゃれブロガーに注目する

今やブログサイトではおしゃれでハイセンスな
ブロガーさんたちがたくさん登録をしています。

コーディネートの紹介やメイクの
仕方を公開している人もいます。

メイク過程の画像やコーディネートも文字を入れて
解説がされていることもあり、プロ顔負けの
技術を持っている人もいます。

またそのブロガーさんたちもリアルではOLさんだったり
学生さんだったりしますので現実に即した
メイクやファッションを参考にすることができます。

お気に入りのブロガーさんを
チェックして、積極的に読者登録をしましょう。

必ず自分が好きなテイストの
ブロガーさんが見つかるはずです。

ブログコミュニティで情報交換をするのも
良いかもしれませんね。

4.外国映画を参考にする

ハイセンスな外国映画では色とりどりのハイブランドの
ファッションを目で楽しむことができます。

「プラダを着た悪魔」では、ハリウッド女優のアン・ハサウェイさんが
地味な女性からおしゃれな雑誌編集社のアシスタントへと変貌を遂げます。

まさに女性が憧れるシンデレラストーリーそのものです。

女性は誰もが変身願望を持っています。

この映画はその変身願望を擬似的に叶えてくれる素敵な映画だといえるでしょう。

現実に取り入れることは難しいとしても刺激を
受けることは確かですし、良いと思える
コーディネートを取り入れることはできます。

メイクやファッションの世界では、色々なところに
アンテナを張り巡らせることが大切です。

5.ウィンドウショッピングをする

メイクやファッションに悩んだら、一歩外に出てみましょう。

デパートで、ファッションビルで、カフェや
レストランで、周りを見回せばおしゃれな女性がたくさんいます。

街を歩いていて「あの人が着ている洋服、どこのだろう?」
と思ったことはありませんか?
一歩外へ出れば流行に敏感な女性たちの装いが目に入ってきます。

同じようなアイテムを身につけている人を
複数見つけたなら「今はあれが流行っているのか」と勉強にもなります。

そしてアパレルショップのマネキンが着ている洋服やショップスタッフの
女性のメイクやファッションにも注目してみましょう。

ショップスタッフの人は流行を発信するために
会社からメイク指導を受けている場合があります。

そのファッションに合った
メイクをしているので、参考にしてみましょう。

デパートのコスメカウンターに行って、実際に
メイクをしてもらうのも良いでしょう。

是非フットワークを軽くして外へ出てみることも大切です。

メイクやファッションを勉強してみよう

今回はメイクやファッションを勉強する方法をご紹介しました。

特別なことをしなくても、お手本は意外に身近にたくさんいるものです。

おしゃれな友達と一緒に買い物へ行くのも良いかもしれませんね。

今季はどんなテイストでメイクとファッションを
揃えるか考えるだけでワクワクしてきませんか?

 

森の中で小人たちと楽しそうに暮らすお姫さま

 

 

森の中で小人たちと楽しそうに暮らすお姫さま

トリコロールカラーおとぎの国を映し出した雲袖マキシ丈ワンピース♪

まるでおとぎの国から飛び出した

白雪姫のようなワンピース

トリコロールカラーのコントラストがとってもキュート

軽い素材で透けにくいのも嬉しい

ふんわりパフスリーブ×雲裾の袖で
乙女度アップ
可愛い~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

赤ベルトできゅっと絞ると
スッキリ着て頂けます。
おとぎの国の主人公になった気分で
着こなしてほしいオリジナルお姫様ワンピースです。

 

 
おとぎの国を映し出した雲袖マキシ丈ワンピースはココ

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笑顔を絶やさずファッションやメイクを磨こう

 

 

容姿にコンプレックスを感じている女性は
たくさんいますが、理想を追い求めても尽きることがありません。

自分に自信を持つことができればコンプレックスを
解消することもできますし、前向きに生活することもできます。

コンプレックスを解消するにはどのような方法があるのでしょうか。

1.ダイエットと運動でセクシーラインを作る
2.笑顔を絶やさない
3.化粧を頑張る
4.ファッションを楽しむ
5.料理を頑張る
6.友達を多く作る

容姿のコンプレックスを解消しよう

1.ダイエットと運動でセクシーラインを作る

容姿がとてもキレイな人でも、体がだらしなかったりすれば
男性にもモテることはありません。

顔の造りや見た目は変えることができませんが、体のラインは
自分の努力次第でどうにでもできます。

誰にでも羨まれる体型をキープすることは
大変ですが、だからこそ自分に自信を持つことができます。

男性目線で見ても、胸が大きかったとしても
太っている体型ならばセクシーとは思わないものです。

しっかりとしたくびれがあったり、引き締まっている
体型は男性のみならず女性からも受けがいいです。

一番は健康的な体型がとても重要で、容姿がキレイでも
痩せすぎていたり、逆に太りすぎていては意味がありません。

健康的な体型は、ただ単にダイエットをするだけではなく、運動を
取り入れることも大切なので健康を意識していれば自信がつきます。

2.笑顔を絶やさない

人を和ませてくれるのが笑顔です。

笑顔を嫌いな人はいませんし、笑顔は誰でも可愛く見られます。

男性からも笑顔が素敵な女性はもてますし、いつでも
笑顔でいてくれる女性を望んでいます。

容姿がキレイでも笑顔がない
仮面の顔をしていれば、男性は引いてしまいます。

女性からも笑顔がある人の周りには友達も多いですし、
笑顔の人の近くにいれば自分も笑顔になれるので楽しくなります。

顔の造りや体型などとは違った意味で、笑顔を絶やさなければ
それだけで自分のコンプレックスを解消することに繋がります。

3.化粧を頑張る

外に出るときには必ず化粧はしますし、化粧は
自分を全く違う人にも返信させてくれます。

よく誰々風のメイク術などというのもありますが、
化粧によって全く違う印象になります。

容姿にコンプレックスを抱いている人は、顔のパーツが
自分では気に入ってない人が多いでしょう。

目の大きさや一重まぶた、唇の厚さなど人からすれば羨ましいと
思われていても、自分では気に入ってないものが多いです。

化粧はその自分の嫌な部分を直してくれる
マジックの様なものですから、自分に気に入らない部分を修正しましょう。

つけまつげやアイライン、口紅などまったく違った
自分を演出することで、コンプレックスを解消することができるはずです。

4.ファッションを楽しむ

ファッションは女性ならば誰でも気になるところですし、
人からの目線も気になります。

特に女性同士は何も言わなくても、相手のファッションを
チェックしていますし、気を抜くことはできません。

容姿にコンプレックスを持っていても、ファッションは
ある意味センスなので自分の努力で良くもなっていきます。

センスと努力を積み重ねればファッションセンスを
磨くこともできますし、自分では人よりも気分的に優位に立つ事ができます。

かわいい女の子でもファッションセンスが
ダサければ、自分より下に見えますし、自分の方がイケテルでしょう。

自分の中で人よりも優位に立てる部分があれば、容姿の
コンプレックスを解消することにも繋がるのでオススメです。

5.料理を頑張る

生活をして行く上で料理は毎日するものですし、
自分ががんばっただけおいしい物が食べられます。

男性からも料理上手は特に人気が高いですし、いざ一緒になった
時に料理ができないと減滅されてしまいます。

料理を振舞う機会は少ないですが、いざという時の為に
毎日努力する必要があります。

毎日料理はするものですし、特に気負わなくても
だんだんやっていれば上手にはなっていきます。

すこし自分のレベルをアップすることを
頑張れば、容姿のコンプレックスなど気にしていられなくなります。

自分の中で得意な物をつくることが大切なので、必ず生活の中で
役立つ料理に力を入れておくのもよいでしょう。

6.友達を多く作る

友達の誰に聞いても自分の中でいくつかの
コンプレックスを持っているはずです。

自分は容姿がコンプレックスでも、ほかの人から
すれば全然気にならないこともあります。

また自分から見ても良いと思っている部分が、相手が
コンプレックスを持っていることも多々あります。

コンプレックスは誰にでもあるということが分れば、自分の容姿に
対してのコンプレックスも薄れていくはずです。

自分では気になっていても、ほかの人から
すればまったく気にならないものです。

容姿のコンプレックスを解消しよう

容姿のコンプレックスは、見た目の印象なのでキリがありません。

自分にとって容姿よりも大切なことが見つけられたり、自分が
自信の持てるものを身につければコンプレックスもなくなります。

容姿にコンプレックスがあっても、ほかの人から見れば
羨ましい部分であるかもしれません。

コンプレックスを持つよりも、自分にとって大切な何かを
身につける努力をすれば気にならなくなります。

 

 

 

手描き風こだわりチェック柄

 

雰囲気見違える、レトロモードな私。

着てみてわかる。

一着で、本当にお洒落って。

 

お洒落なシルエットと気分が高まる
手描き風こだわりチェック柄が褒められる理由。

華奢魅せを叶えるゆるやかドルマンと絶妙な袖丈。
背中の切り替えが体のラインを拾いにくくしてくれる工夫も。

同生地のリボンでウエストをブラウジングしても
お洒落♪
柔らかな薄手素材だから春、夏、秋を中心に、重ね着次第で

長く活躍してくれる、≪kOhAKU≫レトロモードチェックワンピースです。

 

 

レトロモードなテキスタイルチェックワンピはココ

 

 

着る虫除け

 

その常識で大丈夫!?
確認必須の紫外線危険度グラフ

みんなが憧れる“白く美しい肌”をもった女性。
そんな女性であり続けるために、まず気をつけるべきなのは「危険を避ける」ことです。

肌を傷つける原因である「紫外線」は、地域や季節などにより、その強さが異なります。
紫外線が強いときほど、より注意が必要ですので、どのような状況だと
注意しなければいけないのかを知り、きちんとケアをするようにしましょう。

1)南に行くほど紫外線が強い。
2)1年の中では、4月から9月頃までが強い。
(年間紫外線照射量の7割~8割)
3)1日の中では、正午を中心とした前後2時間が強い。
(夏は1日の6割程度。冬は1日の7割程度)。

 

1日のうちで紫外線が最も降り注ぐのは、やはり日中(10時~13時頃)
この時間の外出は、できるだけ控えるのが賢明です。

また、紫外線は一年中降り注いでいます。
その照射量は4月頃から増加し、8月にピークに達しています。

快晴の日に比べ、曇りの日の紫外線は約半分の量だといわれています。

これは、言い換えれば、晴れた日に1時間浴びるのと同じだけの紫外線を、曇りの日でも2時間で浴びてしまうということ。
太陽が顔を出していない日でも、油断は大敵なのです。

 

あなたの生活環境や行動パターンは危険にさらされてはいないでしょうか?
もし、思い当たる点があるのであれば
日やけ止めなどを活用して、肌をきちんとケアしてあげることが大切です。

 

 

 
防虫&UVカット加工で夏にぴったりなワンピース!
サイドスリット入りでトレンド感もあり
バーベキューやフェスなど外でのイベントに大活用できます。
海や山でのレジャーはもちろん
日常の虫よけにも使えます。

着るだけでOKなので虫除けスプレーにありがちな吸い込み
や塗り直しの心配ないのがうれしいですね。

ペットや赤ちゃんへの影響が心配だから虫除けスプレーは
使いたくないなんて人にも安心して着れますよ。

着る虫除け!防虫&UVカット加工で夏の野外の強い味方!
着心地○なカットソー素材シリーズ誕生!トレンド感もばっちりなワンピースです。

【素材・サイズ感】

肌触りの良いカットソー素材。伸縮性があるのでリラックスして着ていただけます。

【スタイリング】

シンプルなデザインなのでデイリーに大活躍!

※素材の特性上、洗濯を繰り返すと防虫効果は少しずつ弱まります
※虫よけや虫刺され防止に対しては個人差があり
完全に保障するものではございません。ご了承下さい。

 

 
袖折り返しシンプルストレートワンピースはココ

無料でファッションを楽しもう

毎日のファッションコーディネートを考えるのが面倒という方も多いのではないでしょうか。

確かに365日私服の組み合わせを流行を取り入れながら自分にあった
コーディネートを考えるのはとても難しいものです。

そんな時に助っ人になってくれるのが「ファッションアプリ」です。

今回は女性に人気なファッションアプリをご紹介します。

1.WEAR
2.コーデスナップ
3.iQON
4.XZ(クローゼット)

ファッションアプリを楽しもう

1.WEAR

ファッションアプリと言って多くの人が思い浮かべるのがこのWEARでしょう。

WEARではオシャレな芸能人やモデル、カリスマアパレル店員やファッションが好きな一般人など幅広い層のファッションを見ることができます。

芸能人などが挙げているものでも私服や普段使いの服を紹介していることが多くファッション雑誌よりも参考になりやすいのが特徴です。

モデルさんだけでなく元モーニング娘。のリーダー高橋愛さんなどがWEARで活躍しており、彼女の
「背が小さくても格好良く、楽に過ごせるけれど絶妙にオシャレなコーディネート」はとても人気が高いようです。

自分と似た体形の人や自分好みのブランドを使用している人を探せば
ファッションコーディネートの参考にしやすく、登録者が多いというものいい点です。

服だけでなく人が着用している全体写真での投稿が多いので実際に着てみるとどんなふうに見えるのか、どんな丈なのか…など
使用感も図ることができるので新しいアイテムを買う前にも参考になりやすいため人気が高くなっています。

2.コーデスナップ

ファッションを参考にしたくてもモデルさんの着用している服やオシャレな人が使っている
アイテムはどれも高級なものばかりでなかなか真似ができない…と悩んでいる方も多いでしょう。

実際にファッション雑誌で紹介されているアイテムを
見ると全身で10万円以上するコーディネートもざらにあります。

そのため、毎日の私服でそこまで高級な服をそろえるとなると大金が必要になるので難しいですよね。

そこで、参考にしたいのが「プチプラコーデ」と呼ばれる比較的安いブランドの服でも
格好良くオシャレに見せることができるお手本があればうれしいですよね。

その点でいうとこのコーデスナップはプチプラコーデといてファッションコーデを
乗せている人が多く「しまむらコーデ」「ユニクロコーデ」といったようにブランドの名前でも検索できます。

高い服を買うほどファッションには興味がないけれどダサくはなりたくないプチプラでたくさんの
アイテムを買ってオシャレを楽しみたいという人や学生に人気が高いアプリになっています。

3.iQON

このファッションアプリは旬のコーディネートを紹介したり見たり
できるだけでなく気に入ったものがあれば「購入」する機能がついているアプリです。

気に入ったコーディネートをタップするとアイテムの在庫情報を見ることができたり、iQON特別価格で購入できる商品もあります。

雑誌を見て気に入ったアイテムをすぐ買うという感覚でとてもスピーディーにファッションを楽しむことができます。

そのため、忙しくてショッピングになかなかいけない女性に人気のあるアプリです。

また、自分のコーディネートを紹介することもでき、LIKEをもらうことができたりフォローしてもらうことができたり、
またアプリ内でコーディネートのコンテストなども開かれており、
ファッションを作るという意味でも楽しむことができるアプリです。

4.XZ(クローゼット)

洋服を買うのが大好きでたくさんのアイテムを持っているものの、よく着ている一軍はほとんど同じ…ということはありませんか?

ショッピングをしているときは可愛いと思って衝動買いしても家に帰って
冷静になってみるとなかなかコーディネートするのが難しかったり、買ったことすら忘れてしまっていることはありませんか?

せっかく買ったのですから最大限に活かして着回しをした方が得ですよね。

そんな時に活躍してくれるのがこのXZ(クローゼット)です。

このアプリに自分の服を登録することでタンスから毎回引っ張り出さなくてもスマホの中で
コーディネートを考えることができ、さらには他の登録者さんの服と組み合わせてみるなどして
どんなアイテムに合うのかなどを考えることもできます。

さらに、登録者の中にはセンスのいい人や芸能人などもいるのでコーディネートを真似することもできます。

時間のある時に自分の持っているアイテムの写真を撮って登録をしておくととても
便利なので自分の持っている服でコーディネートをしたいオシャレな人たちに人気のアプリです。

ファッションアプリを楽しもう

ファッションアプリはたくさんあり、基本的には無料で楽しめるものがほとんどです。

ファッションを学ぶファッションを提案する…などアプリ内で様々な機能を
楽しむことができ仕事や学生をしていても気軽に楽しむことができる
ファッションアプリを利用してみてはいかがでしょうか。