後ろ見頃カットソータックブラウジングブラウス

上品見えするカットソータックブラウジングブラウスが登場しました!

柔らかい生地で快適な着心地◎

後ろ身頃はカットソーで涼しく、ストレッチが効いているので動きやすいです。

ボウタイは着回しができるようにボタンで簡単に取り外し可能♪

裾はピタッとするからアウトで着ても綺麗なシルエットをキープできます。

袖丈は手首が見える短めのデザイン。

スーツの袖口を折り返した時でもスッキリするが嬉しいポイントです。

パンツでもスカートでもどんな着こなしも相性抜群!

1枚は必ず持っておきたいブラウスです。

 

カットソータックブラウジングブラウスはコチラです。

 

 

スイーツ刺繍とドットのチュールが
かわいいスカートがお目見えしました♪

カップケーキにマカロンなど、甘くてかわいいスイーツ刺繍が
裾に施されているスカート。

重ねられたドットチュールのレイヤードがふんわりと
甘いお菓子の雰囲気にぴったりです。

生地はカットソー素材なので着心地も◎

ウエストは後ろがゴム仕様で着脱簡単。

フロント部分はリボン型になっているから、
インスタイルも可愛く仕上げてくれます♪

ブラウスでロリータちっくな甘コーデや、
カットソートップスと合わせ
てカジュアルダウンしてもとびきり可愛いアイテム。

ガーリーコーデをワンランクアップさせてくれる、
おすすめの1枚です♪

 

 

スイーツ刺繍が裾に施されているスカートは
コチラです。

 

ゆとりのある服

 

女性の象徴でもある「胸」ですが、ただ単に胸が大きいから
いいというわけでもありません。

胸が大きいと太って見えてしまういらやしい目で見られてしまう服を
かっこよく着こなせないなど、悩みもつきものです。

サイズを変えることはできないですが、洋服で見せ方を変えられるような
大きな胸を小さく見せることができる服の特徴をご紹介していきます。

1.ゆとりのある服
2.素材の厚さ
3.伸縮性の少ない素材
4.着丈が長めの服
5.小さい柄より大きな柄

胸を小さく見せる服を着よう

1.ゆとりのある服

大きな胸を小さく見せることができる服の一番の特徴は、
ゆとりのある「サイズ感」です。

サイズ感で、胸を強調するも、目立たせなくさせることもできます。

胸が大きく見えてしまう原因は、ぴったりしたゆとりの少ない服により、
胸のふくらみや形が丸出しになってしまうからです。

それをカバーするためには、ゆとりがあって、胸の形が
ハッキリ出ないものを選ぶことが重要です。

細身のセーターより、シフォンのチュニックちびTシャツよりは、重ね着用の
ダボTシャツといったように、できるだけ体のラインが出にくい服を選んでください。

2.素材の厚さ

服の「厚さ」によっても、体型の見え方はかなり変わってきます。

冬の厚手のニットと、夏の薄手のサマーニットだと、どちらの方が大きな胸を
小さく見せることができるのでしょうか?
正解は、夏の薄手のサマーニットです。

同じサイズ感で作られていても、素材が厚くなればなるほど
着太りしやすくなり、体型が膨張して見えます。

それによって、大きな胸がより一層大きく見えてしまいます。

しかし、薄手の素材であれば、体型が膨張することもなく、
スッキリ見せてくれるので、大きな胸を
小さく見せることができるということです。

なるべく薄手のさらっとした素材を選んでみてください。

3.伸縮性の少ない素材

次に洋服の「素材」による体型の見え方についてご説明していきます。

素材には伸縮性のある素材伸縮性のない素材があります。

前者はニットやカットソー、ジャージー素材などです。

後者はシフォンやカーゼ、天竺などです。

服のサイズ感やパターンにもよりますが、伸縮性がある素材は、
伸縮のない素材よりも体の凹凸が出やすく、胸が強調されてしまう
可能性があります。

ニットは胸が目立ちやすい、Yシャツは胸が
目立ちにくいというのは、一目瞭然です。

体のシルエットがはっきり出にくい、伸縮のない素材を着ることで、
大きな胸でも小さく見せることができるます。

4.着丈が長めの服

これからは、服の形やデザインについて述べていこうでしょう。

まず、着丈(服の長さ)は長めのものの方が胸の形がでにくくなります。

その理由として2つございます。

まず1点目は、縦のラインが強調され、全体的にシャープに見えるからです。

想像してみてください。

遠くから見たとき、着丈の短いものと長いものでしたら、
どちらの方がシャープにスッキリ見えるでしょうか?
正解は、後者です。

特に胸元は横ラインを強調するより、縦ラインを
強調した方が目立たなくなります。

その原理を活かして着丈が長いほうが胸を小さく見せる効果があります。

2点目ですが、着丈が長いものの方が、身幅が広く作られているの
でゆとりが出やすいです。

例えば、へそ位置までの長さのTシャツの場合、へそ周りのサイズに
合わせた身幅の設定をしているものが多いでしょう。

しかし、着丈が長く、腰までの丈の服の場合、腰周りのサイズに合わせた
身幅の作りになるので、へそ周りより身幅が広くなります。

胸のふくらみのあと、へそ周りに合わせた細い身幅になるとより
胸は強調されてしまいますが、胸のふくらみのあと腰周りに合わせた
広めの身幅なら、胸も前者より強調されませんよね。

着丈は長いものの方が胸は小さく見せることができます。

5.小さい柄より大きな柄

服の「デザイン」でも、簡単に大きな胸を小さく見せることができます。

誰でも取り入れられて、より効果的に胸を小さく見せることが
できるのは「大きな柄物」の服です。

離れてみたとき、小さな模様より大き模様の方が目立つでしょう。

その原理を利用して、大きな柄でインパクトを与え、みんなの視線をそちらに持っていくのです。

そうすることで、体型には目がいきにくくなるので、
大きな胸を目立たせることなくオシャレを楽しめるのです。

これは、胸の大きい方だけでなく、太っている人でも応用できる技で、
小さい柄は逆に膨張して見えるので、大きい柄でインパクトを与え、
スッキリ見せている方も多数いらっしゃいます。

この他に、色彩でも同じことが言えますが、白や淡い色は膨張色となり、
黒や濃い色はしまって見えるとよく言われていますよね。

インパクトのあるものをコンプレックスとなる部位に持ってくることで、
それらを目立たせず、カバーしながらオシャレを楽しめるので、このトリックを
ファッションに取り入れるというのは非常に効果的です。

胸を小さく見せる服を着よう

もともとある体型は簡単に変えられないですが、いくらでも洋服や
小物などのアパレル品で、簡単に大きな胸を小さく見せることができます。

なので、皆さんも手持ちの服の中から上記に該当するものをチョイスし、
早速胸をカバーできる技を試してみてください。

 

毎日のコーデに大人の可愛さを

 

ふんわりこなれ感、裾結びストライプトップス
違いがわかるお洒落さんに、体系カバーにオススメです。

ストライプ柄バルーンプルオーバーです。

端正なストライプ柄はクールでマニッシュなカッコイイイメージ。

長めの丈がヒップまでしっかりカバーしてくれます。

裾の左サイドにリボン付き。

クールな中にフェミニンな要素も取り入れた個性あふれる1枚です。

大人になった今だからこそ、
シャツを素敵に着こなせるようになれると思うんです。

もはや大人女子にのデイリーを語る上で欠かせない
シャツの存在。

流行に流されることないシャツスタイル。

そんな定番のシャツの中に
女性らしいさを添える、袖のリボンデザイン。

リボン部分は結んだり外したり、
その日の気分によって着こなしを変えれます。

すっきりしたフォルムながら長めの丈感はざっくりと
着ることができ身体のラインを拾うことなく
自然と体系カバーしてくれる嬉しい着心地です。

お洒落さんと着心地、やっぱりどちらも
妥協したくないから。

シンプルにひねりを加えた普通じゃ物足りない、
そんなお洒落さんの為のデザインシャツ。

お洒落なシャツが一枚あれば毎日の
コーデの強い味方になってくれます。

少し違う。その少しがお洒落に差をつける。

どんな時だってコーデの中心として
活用できるシャツの存在。

デザイン性と実用性を兼ね備えた
着る人のセンスを感じる大人アイテム。

長いシーズン着まわすことができるから
それだけで活用の可能性を感じます。

シンプルなデザインだから、インに効かせても馴染んで
くれ主役から脇役までこなしてくれるのは
このシャツだから。

カジュアルからモードまで、合わせるものを
選ばずテイストも選ばずに自由自在に
お洒落を楽しめます。

丈はヒップまで隠してくれるので長めの
トップスで着ることが出来ますね。

 

 

ストライプ柄バルーンプルオーバーはコチラです

 

 

 

 

 

フリルの控えめな可愛さが丁度いい

 

程よく華やぐ、控えめな甘さがお気に入り!

女性らしさを高める、ゆったりシルエットプルオーバー。

裾中央は伸縮性のあるゴムでギャザーを寄せ、フリルに仕上げています。

袖は広く、二の腕がしっかり隠れる長め丈デザインです。

カラーは使いやすい落ち着いた色味の全3色。

さらっとした柔らかな綿混生地を使い、優しい肌触りです。

カジュアルにもキレイめにもお使い頂ける、レディなアイテムです◎

 

 

シルエットプルオーバーはコチラです

 

 

オシャレもスタイルアップも叶える、大人女子の最新ファッション!

シンプルで女性らしいフレアスカート。

ウエストにサッシュベルトを付けたようなレースアップデザインです。

ウエストにポイントを置くことにより、メリハリのあるスタイルへ。

後ろウエストがゴム仕様で、ストレスフリーな穿き心地。

さらっとした裏地付きで、透けにくくなっています。

どんなトップスとも相性が良く、

ワードローブに取り揃えて頂きたいアイテムです☆

フレアスカートはコチラです

 

 

 

ボリュームフリルでデイリーにフェミニンをプラス

 

ボリューム感のあるラッフルスリーブがレディな着こなしを後押し。
異素材切替えで動きのある表情がポイント。

身頃は薄手のカットソー素材なので、軽くて暑い夏でも快適。

ふんわりとした袖のデザインは、トレンド感だけでなく
気になる腕のラインをカバーしてくれるのも◎

ゆったりとした落ち感のあるコクーンシルエで着痩せ効果も。

ヒールでレディに、スニーカー合わせでカジュアルダウンも。

シワになりにくいのでデイリーから旅行まで、
着こなしの幅が広がること間違いなし。

 

袖切替フレアスリーブコクーンワンピースはコチラです

 

サマーシーズンにもぴったり

 

ボリューミーなフリル袖の異素材MIXTシャツ。

フェミニンなチュールレースに、ユニークなメッシュ生地を重ね、シンプルながらに
アクセントを加えた大人っぽい印象に。

ボディは綿混の柔らかいカットソー素材。袖はチュールやメッシュを
ボリューミーに重ねています。

フリルデザインで二の腕華奢見せも叶います◎

少し長めの丈感でパンツスタイルもきれいに決まります。

オリジナリティのあるコーデに仕上がります。


綿混の柔らかいカットソーはこちら

 

ウエストリボンが大人可愛さをアピールしてくれるマキシスカート。

シフォン素材が品のある柔らかな女性の雰囲気にしてくれます。

厚みのあるカットソーの裏地を付けて、軽いシフォンも
透けにくく仕上がっています。

歩くたびに揺れるシルエットがエレガントな印象に。

ウエストリボンは取り外し可能の2way仕様。

フェミニントップスにもカジュアルトップスにも
マッチし、コーデを上品にまとめてくれます。

カット裏地シフォンマキシスカートはこちら

 

 

 

バックスタイルにワザあり

 

 

ディテールにワザあり、さっと簡単オシャレ度アップ!

柔らかな素材が魅せる、ニュアンスたっぷりアンサンブル。

トップスは背面に大きくスリットを入れ編み上げた、女性らしいデザインです。

インナーはベーシックなタンクトップを組み合わせました。

薄手の生地なのでごわつかず快適なところも◎

単品使いでも楽しめる、着回し力の高いアイテムです。

 

 

スリットを入れ編み上げたトップスはココ

 

 

レトロな世界へようこそ!

独特なプリントが印象的な、ゆったりとしたワイドパンツ。

くすみのある配色ながら、存在感のある柄でオシャレ度アップ。

フロントのウエストに大きくタックを入れ、サイドにはポケットを付けました。

デコボコとしたシャリ感のある薄手生地で、さらっと着こなせます。

後ろウエストはゴム使用で、伸縮性のある裏地付き。

きれいめスタイルにぴったりな、季節問わずお使い頂けるアイテム☆

トップスの前をインにして、脚長効果を狙いたいです。

 

 

きれいめスタイルにぴったりなワイドパンツはココ

ウエストリボンラッピングカットソー

 

 

トレンド感溢れるウエストマークデザインで細見え効果バツグン!

ウエストリボンがワンポイントのカットソーTシャツ。

 

伸縮性のあるカットソー素材。落ち感のある生地なので大人っぽく着こなせます。

ウエストリボンは両脇に縫い付けられていて、前後どちらでも結べる2way仕様です。

 

スキニーデニムやサンダルを合わせてカジュアルダウンするのがオススメ。

ウエストの大きなリボンが目を引くアクセントに。

 

ウエストリボンラッピングカットソー

 

 

ウエストリボンでスタイルアップが叶う

オリジナルのフラワーブーケが華やかさをプラス。

ウエストリボンでスタイルアップが叶う、ペプラムトップスが登場。

生地は表面変化があり伸縮性に優れた
膨れジャガードを使用し、高級感ある仕上がりです。

背中には涙開きの上に金縁パールボタンをあしらい、
リッチなアクセント★

首元は顔周りがすっきりと見える
ダイヤモンドネックで、デコルテのキレイ見せが叶います。

袖はフレアースリーブで二の腕を、裾は
ペプラムデザインで気になる腰周りをしっかりとカバー

スキニーと合わせた大人フェミニンコーデや、
ショーパンと合わせた肌見せコーデをしても◎

品があり高見え効果もばっちり!

彩り鮮やかなおしゃれアイテムです。

ペプラムトップスはココ

 

 

まるでウエストがラッピングされたみたい♪

オリジナルのフラワーブーケが可愛い、ベルト付き
フリルフレアースカートが登場。

生地は表面変化があり柔らかな膨れ
ジャガードを使用し、高級感ある仕上がりです。

付属のリボンは取り外しOK。

結んでウエストマークしても、お手持ちの
ベルトでコーデしても◎

ウエストには総ゴムが
入っているので、身体にぴったりフィット。

着脱も楽チンです。

さらに裾にかけて広がる
フレアシルエットだから細見せ効果もばっちり。

トップスをインしてフリルトップスを
合わせれば、メリハリのあるフェミニンスタイルの完成♪

ふんわりシルエットで軽やかな着こなしが叶う、一押しアイテムです。

 

 

フリルフレアースカートはココ

 

 

いつもどんなところに服を買いにいくの?

 

女子同士でお出かけするとき、服装がかぶってしまい、1日気まずかった
そんな経験をしたことがある人も多いのではないしょうか?
かぶってしまうのはハプニングだから仕方ないでも、できれば避けたい。

そんなあなたのために、服装がかぶらないための方法をご紹介します。

1.身に付けるアイテムの数を増やす
2.相手の服装の趣味の調査
3.打ち合わせ

服装のかぶりを回避しよう

1.身に付けるアイテムの数を増やす

単純な話ですが、身につけているパーツが
少なければ少ないほど、かぶった時のインパクトが強いです。

例えば、ワンピースなどがかぶってしまうと、いかにも
「おそろい」という感じになってしまいますよね。

これがスカート+カットソー+カーディガンなど、多数アイテムで
コーディネートすると、数が増えた分だけ
コーディネートにもあバリエーションが
できて、かぶる可能性がぐっと低くなりますよ。

大ぶりのアクセ、帽子など、視線を集めやすい
小物を1つ以上身に着けていきましょう。

特に服の上に重ねて身に付けるような、胸下まで届く
ロングネックレスや、ウエストマークベルトがオススメです。

これで、全体の印象がかぶる可能性はずっと低くなります。

もし、小物がかぶってしまった場合も、小物なので
すぐに外すことができますよね。

どうしてもワンピースを着ていきたい場合は、当日かぶりが
発覚した時のために、カーディガンなどの
羽織るものをカバンに入れておいた方がいいですね。

また、ストールにもなるし、ボレロにもなるしといったような、2wayや
3wayアイテムなら、着方にバリエーションがある分、かぶりを防げます。

同じ理由で、リバーシブルもいいですね。

もし、当日にかぶりが発覚した場合でも、着方を変えるだけで
即座に回避できるので、オススメです。

2.相手の服装の趣味の調査

以前から付き合いがあって、相手の服装の趣味をある程度
わかっている場合は、同じブランドや同じテイストのブランドは避けましょう。

山ガール系の服が多いとか、レトロファッションが
好きとかまでわかっていれば、かぶりを回避しやすいですね。

一緒に出かけるまでに話す機会があるならば、ガールズトークで
「いつもどんなところに服を買いにいくのー?」とか
「どんなブランドが好き?」など話をするのもいいですね。

仲良くなれるキッカケにもなるかもしれません。

また、職場や学校では制服でも、財布やパスケースなどから
相手の趣味がわかることもあります。

フェミニンとか、機能重視とか、わかれば
ある程度服装を予想することもできますよね。

チェックしてみるのもいいでしょう。

当日会うのが初対面など、相手の服装の趣味が
全くわからない場合、せめて流行りものは避けましょう。

流行りものを身に着けたい気持ちはわかりますが
流行っている=たくさんの人が
身に着けているというわけで、やはりかぶるリスクが高いです。

流行色も同様ですね。同行する人が流行りものに興味が無いと
わかっている場合なら構わないと思いますが、
そうでないなら避けたほうがいいです。

どうしても身に着けたい場合は、リスク軽減で
せめて1アイテムに抑えておきましょう。

3.打ち合わせ

結婚式、卒業式、成人式などの日の服装は、写真に残りますし、
集合写真も撮ったりするし、絶対にかぶるのをさけたいですよね。

ドレス、着物などは、買うにしてもレンタルにしてもお値段が高いですし
「奮発して買ったのに、○○ちゃんとかぶちゃった」
と嫌な思い出にしたくないですよね。

その場合は、究極の手段「打ち合わせ」です。

結婚式では、花嫁を立てるため、花嫁のカラードレスの色を
あらかじめ聞いておいて、かぶらないようにする人も多いですよね。

同じように、同席者にも聞いておくのです。

特にいっしょに式に参加する相手ならば、式当日までに式の話題が出ますよね。

その時に聞けばいいでしょう。

この時、重要なのは「色」です。

ドレスも着物も全身同じ色であることが多いので、色がかぶってしまうと、
とても「かぶっています」という感じになるからです。

また、かぶるのは嫌だけど、周りと
浮きすぎるのも嫌という方にも、打ち合わせは大事ですね。

仲の良い相手なら、ドレスの写真を見せてもらっても良いでしょう。

女子同士なら
「かぶるのは嫌だけど、周りと浮きすぎるのも嫌」
という気持ちもわかってもらえるでしょう。

かぶって嫌な思いをするのはこちらもむこうも同じこと。

あなたが「当日、どんな服着ていく?」と聞いてくれたら、
内心ほっとする人も多いはずですよ。

服装のかぶりを回避しよう

親しい友人同士だからこそ、服の趣味が似ていて、
服装がかぶってしまう可能性も高くなりますよね。

周りには「おそろい?仲良しだねー」とか「姉妹?」と、悪気なしに言われて、
いちいち説明するのもめんどうだし、同じような格好をしていても、
向こうの方が美人だったりスタイルがよかったりすると、もう帰りたい。
ってなってしまいますよね。

楽しみにしていたお出かけが台無しにならないように、あらかじめ、
かぶらないための工夫をしていきましょう。