トレンド感たっぷりのバルーンスリーブ

トレンド感溢れるオフショル4wayブラウス。

センターリボン×バルーンスリーブが女性らしさを引き出してくれます。

【素材・サイズ感】

綿混のややハリ感のあるシャツ素材を使用。
清涼感のある軽い着心地で、夏でも快適に着こなせます。

Uネックとオフショル&前リボンと後ろリボンの4wayでお使い頂けます。

【スタイリング】

スキニーやワイドパンツを合わせたカジュアルなコーデがオススメ。

花柄スカートやタイトスカートを合わせたレディライクなコーデも◎

バックリボンオフショルダーブラウスはこちら

 

 

梅雨にも対応していこう

少し早いですが

6月と言えば思いつくのが梅雨です。

春の穏やかな暖かい気候も終わり、雨が降る日も
増えて、夏に向けて気温も湿度も徐々に上がります。

また朝夕の気温差もあるため、服装の調節には難しい時期です。

とはいえ、オシャレもたのしみつつ機能性も重視したい
6月に最適な女性の服装のポイントをご紹介します。

1.最も必要といえる薄手のはおりもの
2.濡れても透けにくい素材色を選ぶ
3.雨に濡れても安全でなおかつキレイに見える靴を選ぶ
4.防水スプレーを1本常備する
5.華美になりすぎない明るい色を選ぶ

天気が変わりやすい6月に最適な服装にしよう

1.最も必要といえる薄手のはおりもの

一日のなかでも天気が変わりやすい6月。

朝の通勤通学の時間は少し肌寒く感じても、日中の陽が当たる
時間は少し暑く感じることもあります。

梅雨時期で雨が多くなると湿度が上がり
蒸し暑く感じる事もしばしばあります。

そうなるとオフィスや学校等の施設の中では
エアコンで気温と湿度を調整する所も多いでしょう。

気温や湿度の変化の感じ方は個人差が多いものです。

さらに男性が多い環境になるとエアコンの設定温度が
低くなり、冷えに敏感な女性には
厳しい環境になってしまいます。

そんな時、脱ぎ着しやすい薄手のはおりものが重宝します。

一枚はおるだけで、体感温度はずいぶん変わってきます。

袖を通さなくても肩にかけたり、座っている時には
お腹まわりにかけたり、また膝の上に置いて
おくだけでも暖かくなります。

極薄手のニット素材のものなら、首周りに
スカーフのように巻くと一層暖かく感じます。

6月といえばまた、紫外線も多い時期です。

ランチなどで外出する際には日よけにもなります。

脱ぎ着しやすくシワになりにくい
素材を選べば、女性としての美しさも保てるでしょう。

2.濡れても透けにくい素材色を選ぶ

6月は梅雨まっただ中です。

外出中に急に雨が降る、傘の用意はしていても
横殴りの大雨になる、満員電車や
バスの中で、雨に濡れている隣の人の傘や
鞄で服が濡れてしまう等予想以上に
全身が濡れてしまう事も十分ありうるでしょう。

そんな時に、服が濡れてしまい
下着が透けてしまったなんて事は避けたいものです。

恥ずかしい気持ちになるのは
もちろんですが、周りの人にも良い印象を与えないはずです。

薄着になっている時期なので、ブラウスや
シャツ一枚で外出する事も多い時期です。

そんな時こそ、女性として透けると言う事には
敏感に気をつけましょう。

下着の上に、透けにくい色のインナーを
一枚着ておくだけでも違います。

最近は機能性に優れたインナーも多く出回っています。

ほんの少しの心がけで、女性としての品格が保てるでしょう。

3.雨に濡れても安全でなおかつキレイに見える靴を選ぶ

学校や会社によっては、指定の靴が
ある場合もありますが、通勤時は
ほとんどの場合が個人の靴を履いています。

服と同じで個人のオシャレが楽しめるのが靴ですが、梅雨の雨に
濡れやすい時期だと履く靴にも迷う時があるでしょう。

一見美しく女性らしいヒールの靴は、雨で
濡れた地面では滑りやすくなります。

アスファルトの上ではそう感じなくても、ビルの中や駅の階段などでは
滑ってヒヤッとした思いをした事がある人もいるでしょう。

でも雨靴やスニーカーはちょっとと敬遠したり、大雨が降るなか
正装で外出しなくてはいけない時もあるはずです。

そんな時はいつもより低めのヒールにしたり、普段から
ヒールの底に滑り止めを貼っておくのがオススメです。

ショッピングセンターや駅の中で見かける、靴の
修理店ですぐにつけてもらえます。

また近頃は色も華やかで機能性に
優れた雨靴に見えない物も多くあります。

雨が上がった時にも不自然にならない靴を
一足もっておくのも安心です。

4.防水スプレーを1本常備する

女性なら、いつどんな時もオシャレを
楽しみたい、と思う人も多いでしょう。

オシャレしてお出かけする予定があるのに雨が降っている
出かけても急に雨が降ってきたなんて事は
梅雨時期にはよくあることです。

せっかくのオシャレも、雨に濡れてしまったら
台無しになってしまいます。

お気に入りの服が濡れてしまったら、一気に気分も
滅入ってしうでしょう。

急な雨に備えて折りたたみ傘等の
雨具の用意をする人が多いなか、意外と
持っていないのが防水スプレーです。

家にあって、雨が降っていたら出かける時に
使用する人は多いですが、バックに
携帯している人は少ないでしょう。

バックの中や会社のデスクやロッカーに、小さい
スプレーを1本携帯しておくと便利です。

急な雨に見舞われても、シュッとスプレーするだけでも
濡れ具合がずいぶん違います。

特に靴やバック等は、濡れると
変形しやすくなりますし、服が濡れるのも最小限にしたいものです。

また傘だと使える人数が限られますが、スプレーなら
一緒にいる友達や、会社の同僚上司にも貸してあげる事もできます。

そうすると、オシャレだけでなく心遣いができる
女性として好印象を持たれるでしょう。

5.華美になりすぎない明るい色を選ぶ

6月といえば梅雨、と誰もが思うでしょう。

それほど6月は一年の中で雨が多い時期です。

雨が多いという事は、太陽が出ていない日が
多く雨雲に覆われて、ジメジメと湿気も多くどんよりしています。

そうなると自然と気分もどんよりしてしまうという人もいるでしょう。

明るい色の服を身につける事で、気分も明るくなる事が期待できます。

また周囲に与える印象も明るくなるでしょう。

社会人のマナーとして、仕事中は華美になりすぎない事は
大前提ですが、どんより暗くなりがちな
天気が多い時こそ、明るくしていきたいものです。

黒紺茶系でも色の濃淡で印象がずいぶん変わってきます。

会社や学校の規定で明るい色の服が着れない場合でも、ハンカチやタオル等の
小物を明るい色にするだけでも気分は上がってくるでしょう。

気持ちが明るくなると自然と笑顔も出てきますし、そうすると周りの人も
明るい気持ちになり良い環境が保てるかもしれません。

天気が変わりやすい6月に最適な服装にしよう

気候も不安定で変わりやすく、梅雨時期で
雨も多いため気持ちもどんよりしがちな6月です。

そんな時こそ楽しく過ごして、周りにも良い印象を
与えられる女性になりたいですね。

服装で人に与える印象は、思いのほか大きく変わるものです。

ほんの少しの心がけや心遣いで一目置かれる女性になれるでしょう。

 

デニム着こなし術

若々しく、また男性的な荒っぽい印象をも感じさせるデニム。

大人の女性としてデニムを着こなすのは
なかなか難しいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし30代からのデニムを取り入れた
コーディネートのポイントは、実はかなり簡単なんです。

大人の女性がまず一番こだわりたいのは
デニムアイテム自体の質感やサイズ感。

あまりにダメージがキツすぎると
「無理して若づくりしている」感や、「だらしない」
といった感想を持たれてしまいかねません。

また、スキニージーンズなどを選ぶときには、体に
ピッタリしすぎず、よくストレッチするものを選ぶ方が無難です。

30代にもなれば、体のラインも20代やそれより若い人たちとは
変わってくるので、特にお尻周りの
食い込みが出ないように、後ろ姿をきちんと確認するのが重要になります。

派手なウォッシュやダメージのない正統派のデニムで、サイズも無理なく
履きこなせるものを選ぶことから、30代女性の
デニムコーディネートはスタートします。

2.合わせるアイテムはきちんと感を重視

ラフにTシャツジーパンのコーディネートをしてキマるのは、若さの特権です。

30代の女性にオススメしたいデニムとの
コーディネートアイテムは、白やキナリ
シャーベットカラーなどの優しい色味のブラウス。

襟付きのものをあわせることで、きちんとした印象を与えることができます。

また、顔まわりに明るすぎない柔らかい色を持ってくることで、見る人に
「無理している」と思われずに若々しく
女性らしい雰囲気も演出することができるのです。

フォーマル寄りのデザインのトップスでも、デニムと合わせることで
ほどよくカジュアルダウンができ、
垢抜けた着こなしになるのも嬉しいポイントです。

若いときと同じコーディネートをするよりは、大人のかっこよさを
感じられる着こなしを目指すようにしましょう。

3.女性らしいパーツを強調する足元

女性の女性らしさを感じさせるパーツといえば、なんと言っても華奢な足首。

無骨なジーンズの裾からちらりとのぞく細い足首は、大人っぽさと
女性らしさを醸し出してくれる重要なポイントです。

それでなくても冷えやすい部分でもあるので、もちろん季節にもよりますが、
過ごしやすい気候の時期にはぜひ、裾を少し
ロールアップして足首を見せてみてください。

30代女性のデニムジーンズの足元にはローヒールパンプスや
ブーティ、バレエシューズなど、大人の女性らしい
余裕が感じられるシューズがオススメです。

これらのシューズなら、足長効果に加えて
足首を細く見せてくれる効果もあり、少しくらい体型に
自信がなくても大丈夫なのです。

色味はヌーディーなものを選ぶと、グッと大人っぽさが増しますよ。

30代は大人らしいカジュアル感でデニムを履こう

一口にデニムと言っても、ありとあらゆる色、サイズ、そして種類がありますよね。

その中からせっかく気に入ったものを見つけても、コーディネートに
合わなくて着られないのではもったいないこと。

大人らしいカジュアル感を大切に、デニムコーディネートを楽しんでみてください。

 

 

 

フィット感はあるのに窮屈感はゼロです。

華奢脚もがっしり脚もカバーしてくれる理想のパンツです。

後股上深めのデザインで背中のチラ見えも防止!

股下丈もスタッフが試着を繰り返して改良したので
フルレングスでもロールアップでもブーツインでもバランス◎

 

 

スリム ストレッチ デニムはココ

ヘルシーな肌見せでシーズンガールに

 

旬のオフショルシルエットで、女性らしい肌魅せ。

 

 

 

【素材・サイズ感】

オフショルダーデザインがデコルテを美しく見せてくれる
ウエストリボンポイントトップス。

リボンを結んだぺプラムシルエットが、ウエストの細見えと、
気になるヒップラインをフェミニンにカバーしてくれます。

【スタイリング】

ウエストのリボンがコーディネートのアクセントに◎

どんなボトムともバランスよく合せられ、サラッと着るだけで
無防備な色っぽさ漂うアイテムです。

 

 

ウエストリボンポイントトップスはココ

 

 

旬なスタイルが叶う、サッシュベルト付きでお得なフレアスカートが登場。
大人っぽく着こなせるミディアム丈で上品レディな雰囲気に。

 

 

 

素材・サイズ感】

スカートは透け感のあるエアリーなシフォン素材。

ウエストゴムなので着脱も簡単◎

サッシュベルトは凹凸のあるフェイクレザー。

【スタイリング】

ベルトは単品使いもできるので、お手持ちのアイテムに合わせても◎

※ベルトとスカートは画像通りの色の組み合わせでお届けします。

 

 

シフォンフレアスカートはココ

 

 

ボリュームのあるデザインが今年らしい1枚

 

ボリューム感のあるフリルが可愛いブラウス。
レースをあしらったネック周りはVネックなのでお顔回りもすっきり見えます。

 


【素材・サイズ感】

表面変化のあるジョーゼット素材。

やや透け感と落ち感がある素材で優しい雰囲気に。

ボリュームのあるフリルで気になるお腹周りをカバーできるのが嬉しい。

【スタイリング】

フリルでボリュームがあるのでボトムは
スキニーデニムやカラーパンツのコーデがおすすめです。
イレギュラーヘムレースフリルブラウスはココ

 

程よく伸びて足に吸い付くようにフィットする進化形スキニーデニムが新登場!

どんなコーデにも合わせやすくデイリーに使いやすい1本です。

 

 

 

【素材・サイズ感】

伸縮性のあるハイパワーストレッチ素材。

しっかりとした生地感で足を引き締め、
オールシーズン穿きやすいのがポイント。

【スタイリング】

ワイドリブニットでカジュアルに、キャスケットを
プラスすれば旬なコーデを演出できます。

 

 

進化形スキニーデニムはココ

 

 

フェミニンライクな表情に

 

人気ブラウスがS/Sバージョンに
なって再び帰ってきました!
腰紐でメリハリ美人が叶う
甘めルックスのブラウスです。
きゅーっと絞れるウエストの
ストリングのおかげで、
フェミニンライクな表情に。

 

 

◆デザイン性◆
腰回りは甘さがありつつも
首元はさりげなくスリットを施して
すっきりとしたバランスをメイク。
薄手の素材で仕立てられているので
インナーと一緒の着用がおすすめ◎

◆着こなしPOINT◆
ブラウジング演出によって腰高の
バランスを維持できるので、
スキニーパンツとの合わせも
すらっとスマートな印象に。
気負いしないシルエットも嬉しい。

 

 

スリットネックブラウジングブラウスはココ

 

 

 

 

スタイリッシュに着こなせるタイトロングスカート。

コットン100の素材で、しっかりとしたデニム生地が特徴的です。

トレンド感のあるスタイリッシュな一着。

 

タイトロングデニムスカートはココ

 

ナチュラルに膨らむスリーブデザイン

 

デザインが象徴的なブラウス
ハリあるコットン生地の端正な
顔立ちがクオリティを高めます。
さっぱりとした印象が春らしい。

◆デザイン性◆

丈夫ながらも柔らかい肌触りで

優しい印象を与えてくれる一枚。
タック入りの袖のバルーン感と、
すっきりした丈感が良いバランス。
ラウンドネック後ろにジップを。

◆着こなしPOINT◆
パステルトーンには黒やネイビー
カラーのスラックスを合わせて、
パターンスカーフで色を差すのが◎
ブラックは赤や華やかなパターン
ものでポイントルックにぴったりです。

 

象徴的なブラウスはココ

 

 

ラップテイストで美ラインを
作るラップテイストスカート。
大人っぽさが漂うフォルムが
スタイリングを上品に見せる
春を意識したカラー構成です

 

◆デザイン性◆
左サイドのストラップを結び
腰周りをほっそり見せ裾の
スリットが活動性を高めます。
タイトに沿うシルエットに
ファスナーが着脱をアシスト。

◆着こなしPOINT◆
形やディテールを生かして、
タックインするのがお勧め。
タイトフィットのニットTや、
ブラウスで品ある女性らしさを
アピールすると良さそうです。

 

ラップテイストスカートはココ

 

ガーリッシュなレースポイントでムードを掴んだ

 

ガーリッシュなレースポイントで
ムードを掴んだブラウスをご紹介。
ワントーンで統一感を出しつつも
愛らしさを感じられるのが魅力的♪
ボリューミーに着られるデザイン。

◆デザイン性◆
肩から前面にV字にあしらわれた
アイレットレースがアクセント?
さらにはネックのVカットとそこに
ストラップまで施しポイントを+!
袖のバルーン感がとてもキュート。

◆着こなしPOINT◆
ミニスカートとの相性が抜群で、
ローファーとソックス合わせで
足元は落ち着きを与えるのが◎
深いVネックの袖なしワンピを
レイヤードしたらモダン演出に。

 

 

 

ムードを掴んだブラウスはココ

ギャザーを寄せたそのさり気なくも引き立つディテールが◎

ギャザーを寄せたそのさり気なくも
引き立つディテールでボリューム感
いっぱいのブラウスのご紹介です。
ハリ感あるコットン素材で仕立てられ
着崩れしにくい一枚となりました!

 

◆デザイン性◆
バンドカラーにスリットを入れたよな
ネックラインがデコルテ見せを叶え、
ギャザーでナチュラルさをプラス
肩の落ちた袖は大きく膨らみをもたせ
愛らしいムードに仕上げています?

◆着こなしPOINT◆
タックインで軽くだすと体全体に
ボリュームが出るのでさらにGOOD。
モデルのようなジーンズ合わせや、
ゆったり裾を落としてスキニーパンツで
バランスのとれた着こなしもお勧め。

 

Vネックパフスリーブブラウスはココ

 

春コーデの主役

 

袖口でキュッと結んだリボンがポイントのブラウス。
スリーブを飾るリボンが目を引く、大人可愛い雰囲気に。

【素材・サイズ感】
シャツ素材なのできちんと感もあり、甘すぎないのもポイント。
ふんわりとしたゆったりデザインなので、体系カバーできるのも◎

【スタイリング】
スキニーやスカート、ワイドパンツなど合わせるボトムを選ばずご着用頂けます。
コーデの主役級になれる1枚は、ワードローブの強い味方です!

春コーデの主役ブラウスはココ

 

 

 

乾燥肌へのファンデーションの塗り方7つ
乾燥肌だと、うまくファンデが乗ってくれなかったり、すぐに崩れてしまったり、お化粧するのが嫌になってしまいそうになりますよね。

そこで今回は乾燥肌でもキレイにファンデーションが塗れる方法をご紹介します。

1.下地はやっぱり大事。値段ではなく、自分に合ったものをしっかり選ぼう
2.色付き下地やBBクリームは必須アイテム
3.下地もファンデも「塗る」と言うより「置く」感じでつけること
4.スポンジよりも筆のほうが軽くつけることができる
5.リキッドファンデーションを使うときは塗りすぎに注意
6.シェービングは大事です
7.明日のために。

クレンジングとケアをしっかりと時間をかけて乾燥肌を解消していこう

1.下地はやっぱり大事。値段ではなく、自分に合ったものをしっかり選ぼう

化粧品には有名ブランドがたくさんあり、お値段が結構高い物もあります。

しかし、値段が高い=自分に合うとは限りません。

出来れば購入するときに各メーカーの販売員さんに相談すると
試供品がもらえることが多いので、どの下地が
自分に合うのか、しっかりと確認することが大事です。

乾燥肌の方は、敏感肌でもある方が多いです。

肌トラブルがないかを確認するのはもちろんのこと、きちんと
肌になじんでくれるのか、季節によっては汗を掻いても大丈夫なのかを
チェックして、これだと思うものを見つけてください。

2.色付き下地やBBクリームは必須アイテム

あまりしっかりと肌にファンデーションを
付けることができない乾燥肌には、色が付いた下地やBBクリームはとても強い味方です。

この時点でしっかり付けて置けば、ファンデが薄くても、「お化粧してます」感がきちんとでます。

ただ、色付き下地もBBクリームも、化粧水、乳液、美容液、
オールインワンジェルでも、しっかり肌になじませてから、優しくポンポンと付けていきます。

その上に少量のファンデを薄く乗せていきます。

ファンデはスポンジを使っても、筆を使っても大丈夫です。

3.下地もファンデも「塗る」と言うより「置く」感じでつけること

肌が乾燥していると、下地やファンデで
「ゴシゴシ」まで行かなくても
摩擦が起きるように塗っていると、弱い肌が毛羽立つような
状態になったり、ムラができやすかったりして、うまく塗ることができません。

そのため、擬音語で表すと「スッスッスッ」ではなく、「ポンポンポン」
という感じで優しく肌に乗せていくようになじませながら広げていきます。

その方が肌に負担がかからず、キレイに塗ることができます。

この時、決して強く叩かないこと。

強く押し付けすぎるのもよくありません。

あくまで優しくしていきましょう。

特に目元や頬、おでこなどは注意して塗っていきましょう。

4.スポンジよりも筆のほうが軽くつけることができる

下地をしっかりとなじませた後に、ファンデを
塗る時、大体の方はスポンジを使う方が多いと思います。

しかしそれよりは、肌に触れる面積の小さい「筆」を使ったほうが
サラサラッとファンデを付けていくことができるのでオススメです。

この場合、出来るだけ筆先で、軽く撫でるようにファンデを付けていきます。

そしてキレイなスポンジを使って全体を軽く押さえていって、ファンデを肌になじませます。

この時も優しく優しく押さえていきます。

ムラがあるような場所にはスポンジにほんの少し
ファンデを付けて、優しくポンポンっとするといい感じにぼかすことができます。

5.リキッドファンデーションを使うときは塗りすぎに注意

リキッドファンデーションは肌に合うということの他に、伸びの良さに注目して選びます。

そして、左の手の甲で余計なファンデーションを
しっかり落としてから、やはりこちらもポンポンと置くように塗っていきましょう。

リキッドファンデは指でなじませていくのが一番です。

きちんと清潔に洗った手で優しくつけていきます。

スポンジは指でなじませた後、ぼかすために使ったり、キレイな
スポンジで、余計に肌についてしまったファンデを取るなど、仕上げに
使うようにするとキレイに塗ることができます。

6.シェービングは大事です

肌に負担を掛けそうですが、ぜひ定期的にプ
ロの方に顔の産毛を剃ると、化粧のノリが格段によくなります。

ただでさえ肌が弱いと皮のように剥けやすい
上に産毛もあると邪魔になります。

小さいことのように思いがちですが、化粧が
ヨレたりムラになる原因の一つでもあります。

また、スキンケアの際も、化粧水などが
肌に入りやすくなり、毎日のケアにも有効です。

理容院と聞くと男性が行くところと思いがちですが、決してそうではなく、女性向けの
シェービングサービスがあるところも増えてきていますので、ぜひ利用してみてください。

7.明日のために。クレンジングとケアをしっかりと

改めて、乾燥肌の方は、肌に油分や水分が少ない状態です。

その為、肌のバリアが薄い状態になっています。

肌に負担がかかりやすく、敏感にもなりがちです。

ファンデーションなどのお化粧自体もそうですが、クレンジングも
肌に負担の少ない素材や方法で行うのが理想的です。

今は乾燥肌、敏感肌向けのクレンジング商品も多く出ていますので、肌に合ったものを使い、
優しくファンデーションを取って、そしてきちんとケアをして、次の日に備えたいですね。

時間をかけて乾燥肌を解消していこう

これから、乾燥肌の方には厳しい季節がやってきますが、まずはやはり
普段のお肌のケアと、食事や睡眠と言った生活習慣がとても大事です。

ただ、お肌自体の改善をするには時間がかかります。

それまでの間、上記の方法でファンデーションを
キレイに塗れるように、色々試してみてください。