程良い肌見せで上品コーデが完成


新しいカタチ発見!

印象的なデザインで、旬も取り入れたレースのトップスが登場。

肩口が開いたデザインで、程良い肌見せが最大のPOINTです。

袖はギャザーを寄せたフレアスリーブで、内側にゴムを入れて程良いフィット感を。

後ろネックには大きなグログランのリボンを付け、甘さをプラスしました。

パンツにもスカートにも合い、コーディネートは自由自在。

オフショルダーよりも控えめな、大人可愛いアイテムです☆

デニムやテーパードパンツに合わせ、カッコ良く着こなしたいです。

 

 

 

程よい肌見せトップスはココ

 

 

 

 

 

デニム着こなし術

若々しく、また男性的な荒っぽい印象をも感じさせるデニム。

大人の女性としてデニムを着こなすのは
なかなか難しいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし30代からのデニムを取り入れた
コーディネートのポイントは、実はかなり簡単なんです。

大人の女性がまず一番こだわりたいのは
デニムアイテム自体の質感やサイズ感。

あまりにダメージがキツすぎると
「無理して若づくりしている」感や、「だらしない」
といった感想を持たれてしまいかねません。

また、スキニージーンズなどを選ぶときには、体に
ピッタリしすぎず、よくストレッチするものを選ぶ方が無難です。

30代にもなれば、体のラインも20代やそれより若い人たちとは
変わってくるので、特にお尻周りの
食い込みが出ないように、後ろ姿をきちんと確認するのが重要になります。

派手なウォッシュやダメージのない正統派のデニムで、サイズも無理なく
履きこなせるものを選ぶことから、30代女性の
デニムコーディネートはスタートします。

2.合わせるアイテムはきちんと感を重視

ラフにTシャツジーパンのコーディネートをしてキマるのは、若さの特権です。

30代の女性にオススメしたいデニムとの
コーディネートアイテムは、白やキナリ
シャーベットカラーなどの優しい色味のブラウス。

襟付きのものをあわせることで、きちんとした印象を与えることができます。

また、顔まわりに明るすぎない柔らかい色を持ってくることで、見る人に
「無理している」と思われずに若々しく
女性らしい雰囲気も演出することができるのです。

フォーマル寄りのデザインのトップスでも、デニムと合わせることで
ほどよくカジュアルダウンができ、
垢抜けた着こなしになるのも嬉しいポイントです。

若いときと同じコーディネートをするよりは、大人のかっこよさを
感じられる着こなしを目指すようにしましょう。

3.女性らしいパーツを強調する足元

女性の女性らしさを感じさせるパーツといえば、なんと言っても華奢な足首。

無骨なジーンズの裾からちらりとのぞく細い足首は、大人っぽさと
女性らしさを醸し出してくれる重要なポイントです。

それでなくても冷えやすい部分でもあるので、もちろん季節にもよりますが、
過ごしやすい気候の時期にはぜひ、裾を少し
ロールアップして足首を見せてみてください。

30代女性のデニムジーンズの足元にはローヒールパンプスや
ブーティ、バレエシューズなど、大人の女性らしい
余裕が感じられるシューズがオススメです。

これらのシューズなら、足長効果に加えて
足首を細く見せてくれる効果もあり、少しくらい体型に
自信がなくても大丈夫なのです。

色味はヌーディーなものを選ぶと、グッと大人っぽさが増しますよ。

30代は大人らしいカジュアル感でデニムを履こう

一口にデニムと言っても、ありとあらゆる色、サイズ、そして種類がありますよね。

その中からせっかく気に入ったものを見つけても、コーディネートに
合わなくて着られないのではもったいないこと。

大人らしいカジュアル感を大切に、デニムコーディネートを楽しんでみてください。

 

 

 

フィット感はあるのに窮屈感はゼロです。

華奢脚もがっしり脚もカバーしてくれる理想のパンツです。

後股上深めのデザインで背中のチラ見えも防止!

股下丈もスタッフが試着を繰り返して改良したので
フルレングスでもロールアップでもブーツインでもバランス◎

 

 

スリム ストレッチ デニムはココ

ボリュームのあるデザインが今年らしい1枚

 

ボリューム感のあるフリルが可愛いブラウス。
レースをあしらったネック周りはVネックなのでお顔回りもすっきり見えます。

 


【素材・サイズ感】

表面変化のあるジョーゼット素材。

やや透け感と落ち感がある素材で優しい雰囲気に。

ボリュームのあるフリルで気になるお腹周りをカバーできるのが嬉しい。

【スタイリング】

フリルでボリュームがあるのでボトムは
スキニーデニムやカラーパンツのコーデがおすすめです。
イレギュラーヘムレースフリルブラウスはココ

 

程よく伸びて足に吸い付くようにフィットする進化形スキニーデニムが新登場!

どんなコーデにも合わせやすくデイリーに使いやすい1本です。

 

 

 

【素材・サイズ感】

伸縮性のあるハイパワーストレッチ素材。

しっかりとした生地感で足を引き締め、
オールシーズン穿きやすいのがポイント。

【スタイリング】

ワイドリブニットでカジュアルに、キャスケットを
プラスすれば旬なコーデを演出できます。

 

 

進化形スキニーデニムはココ

 

 

女の子の悩みの体形だってカバーしてくれる

 

デニムはトレンドや流行に左右されず長年愛されてきたベーシックアイテムですが、
最近はデニムを取り入れたアイテムが人気があるみたいです。

特にデニムワンピースは、他のワンピースと違って
カジュアルさと綺麗めさのバランス感が抜群です。

甘すぎないので気軽に切れるのがデニムワンピースの良さですねぇ。

最近少し太ってきてしまったのですが、これは本当にうまく体形カバーしてくれます。
スタイルよく見せてくれますよ。おすすめです。

カジュアルガーリーな欲張りアイテム
7分袖デニムシャツワンピース

今季人気のデニムアイテムに、夏まで着れちゃう7分袖タイプが登場♪
使い勝手の良いシンプルデザインですので、重ね着コーデにも重宝しちゃう

%e4%bd%93%e5%bd%a2%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%8b

お洒落上級者に変身させてくれる、色落ち感がこなれた雰囲気を演出。
カジュアルにもガーリーにも着れる程よさでついつい着回ししたくなっちゃう。
ウエスト部分からのフレアラインでぽっこりお腹&お尻もスッキリ着痩せ♪
女の子の悩みの体形だってカバーしてくれる優れものワンピなんです

オールシーズン対応できる7分袖タイプ。
ロールアップスタイルもいけちゃうので、半袖~7分袖まで楽しんでね♪

爽やかなブルーカラーですので、定番のカジュアルスタイルはもちろん
ガーリーコーデやレディースタイルも守備範囲なんですよ

体形だってカバーしてくれるデニムはココ

 

 

 

 

 

どんなコーデもポップに早変わりする可愛さ

 

可憐なフリル襟のナチュラルコットンブラウス

どんなコーデもポップに早変わりする可愛さ

さりげないストライプとフリル襟
どこか新しい☆

ストライプの静とフリルの動のバランスが
カジュアルの新解釈を生み出す
さらさらコットンの長袖ブラウス♪

どんなコーデもポップに早変わりする可愛さ☆
NOボタンは着脱楽ちん♪
こだわりが感じられる一枚です。

詳細は⇒カジュアルの新解釈を生み出す

 

 

カントリー娘のゆったりおおきめパッチワークサロペット♪

欧米カントリー風

5種類のパッチワークをあしらい
欧米カントリー風のサロペットです♪

大小のパッチワークがリズムよく重なっている様子
シンプルなデザインですが、インナーを選ばず着回しやすく

ウエストにポケット二つがあって、ちょっと外出するときは便利!

9分ズボンのパッチワークサロペットです

詳細は⇒欧米カントリー風のサロペット

 

 

 

夏の特別な思い出に

 

夏の香り漂うシフォンのフレア
デニム×シフォンのレースアップワンピース

淡いシフォンとデニム

淡いシフォンとデニムの夏コラボ。
バックのシルエットの美しさを楽しむ
今の季節にぴったりなシフォンワンピース

肩紐は長さを調節でき、後ろウエストのレースアップもあるから
自分ぴったりのシルエットに合わせやすい○

スカート部分はシフォンを二重に重ねており、
さらにその下に裏地があるから透けることもなく安心♪

後ろシルエットだけでなく、前から見ても可愛いよう
デニムと同じ色に染めた裾のLaceがポイント◎
さらにフリルを足すことで大人っぽさと可愛さを出しました。

夏の特別な思い出に、特別な服を着てみませんか?

詳細は⇒夏の特別な思い出に

 

 

 

 

後ろ姿をキレイに見せる方法

後ろ姿がキレイだと思わず目がいってしまいます。

そして人は後ろ姿から顔や年齢を想像しているのを知っていますか?

人はキレイな後ろ姿を見ると、どんな顔の持ち主なんだろうと
興味をそそられますし、同性の女性から見ても魅力的です。

折角ならジャッジの厳しい女性からキレイと思われる後ろ姿を
手にいれませんか?

後ろ姿はその人の年齢や容姿を語っています。

それを踏まえて後ろ姿をキレイに見せる方法をご紹介します。

1.後ろ姿を常に意識する
2.背筋を伸ばす
3.恥骨に力を入れてお尻をキレイに見せる
4.背中の筋肉をつける
5.食生活にも気を付ける
6.均整のとれた筋肉をつける

1.後ろ姿を常に意識する

基本の基本、後ろ姿をキレイに
見せたいならば、まず常に後ろ姿を意識しましょう。

もしかしたら、少し気を抜いている時に
誰かから見られているかもしれません。

意識するだけで何か変わるの、という疑問が出てくるかもしれませんが
意識するということは大きなことで全然変わってきます。

そして意識すると、後ろ姿をどうやってキレイに
見せようかと考えるようになりますし、努力や工夫をするようになります。

芸能人の人が人に見られていると意識するようになって
一段とキレイになると言われることからも分かるように
意識が全てを変えていきます。

まずは常に後ろ姿はいつも見られていると意識してみましょう。

そこから、身体に変化が起こっていきます。

2.背筋を伸ばす

では実際に後ろ姿をキレイに見せる為にどうするのか
?常に背筋を伸ばすことを意識してみましょう。

お腹に力を入れて引っ込め、胸を張ることで自然に背中は伸びてきます。

背中を伸ばすと、後ろ姿をキレイに見せることができるのは
勿論の事、自信があり堂々として見えますし、明るく前向きな人に見えます。

そしてやってみると分かるのですが、胸を張ることで
心である心臓が前に出て前に向かって
開かれますので、自然に心も前向きになっていることに気付きます。

それに伴って行動も前向きになっていきます。

たったひとつ、背筋を伸ばすことで、心にもポジティブな
変化を起こすことができますのでこれは試してみるしかないです。

3.恥骨に力を入れてお尻をキレイに見せる

そして上半身と同じように下半身、お尻も
意識してみると後ろ姿はキレイになります。

特に男性は女性の後ろ姿を見た時におしりに無意識に目がいくそうです。

そして、およその年齢を予想しているというのです。

やはり人は若く見られたいですし、それは実現可能なことです。

具体的な方法ですが、恥骨に力を入れて
きゅっと引き締めるのを意識するだけです。

それだけで自然にお腹も
引っ込み、背筋も伸びてきます。

そして常に意識して恥骨に力を入れるだけで、ヒップアップの効果も
期待できますし、腹筋も鍛えることができます。

恥骨に力を入れるだけでこれだけ効果があり、後ろ姿をキレイに
見せることができますので、是非実行してみましょう。

4.背中の筋肉をつける

背中の筋肉をつけることでも後ろ姿をキレイに見せることができます。

お腹を引っ込める為に腹筋をつける、といった方法は
よく聞いたことがあると思うのですが、背中は
あまり聞いたことがないでしょう。

簡単な方法としては、両腕を上に上げて
下ろす、両腕を前に伸ばして後ろに曲げる運動です。

この運動であれば道具がいりませんし
コストもかからないので、仕事の合間や
テレビを見ながら簡単にできます。

そして背中に筋肉が付くと背筋を伸ばす
筋肉もつきますし、筋肉がついた後ろ姿はとてもキレイです。

女性ならば少し背中の空いた服を
着ることもあると思いますが、筋肉のついた
後ろ姿は同性から見てもキレイです。

運動選手やダンスをしている人の
背中を見ればそれは分かるでしょう。

後ろ姿でドキッとさせることができます。

5.食生活にも気を付ける

食生活にも気を付けることで後ろ姿を
キレイに見せる為の筋肉をつけてあげることができます。

代表的な食べ物は肉類、魚類で高タンパク
低カロリーな食品を摂るといいです。

肉類であれば牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、鶏の胸肉、ささみ。

魚類であれば、サケ、サバ、タラ、マグロの赤身等です。

こういった食品を積極的に摂ることで、後ろ姿を
キレイに見せる為に必要な筋肉を付ける助けになります。

運動やエクササイズをする等の外からの働き掛けと
一緒に食生活にも気を付けて、より後ろ姿を
キレイに見せるように努力していきましょう。

6.均整のとれた筋肉をつける

後ろ姿をキレイに見せる方法として、均整のとれた
筋肉を手に入れることも有効です。

ジム等でトレーニングをして筋肉が欲しい箇所に
筋肉を付けるのもいいのですが、全身運動をして
均整のとれた筋肉を手に入れることもできます。

例えば水泳とか、エアロビクスとかダンスがオススメです。

水泳は水を掻かないといけないないので、腕を必ず使うことが
必要になってきますので、背中の筋肉をダイレクトに鍛えることができます。

そして水泳は水中で行うので、負荷を
あまり感じることなく楽に行うことができます。

他にエアロビクス、ダンスは常に恥骨に力を入れて
姿勢を正すのが基本になりますので、背中をキレイに
見せる為に意識するコツが自然に身に付きます。

楽しくストレス発散して、欲しかったキレイな後ろ姿も手に入れましょう。

 

 

 

 

淡いサクラ色に咲く

 

淡いサクラ色に咲く花刺繍のトップス

淡いサクラ色に咲く

シックなピンクの花刺繍の生地に
首回り、袖に繊細なお花レースで縁どりました。

裾はスカラップで仕上がり

Vネックだけど、レース紐で区切られて
どこか新しくてセクシイ
乙女な印象を魅せてくれる一枚です

詳細は⇒淡いサクラ色に咲く花刺繍

 

 

オトナのおでかけサロペット。

ゆったりおおきめデニムサロペワンピ

オトナのおでかけ

マキシ丈のサロペット
デニムグレーで仕上げ
ゆったりすぎないシルエット

前面おおきめなポッケト二つあり
後ろのタックはシンプルにお洒落を演出してくれます

ファッション達人がとっておきたいお洒落サロペットです。

詳細は⇒ゆったりおおきめデニムサロペワンピ

 

 

 

マーメイド裾は可愛い

 

おてんば少女の空色おでかけデニムワンピース♪

マーメイド裾は可愛い

マーメイド裾は可愛い☆
大きめなポッケト二つを縫い付けておりますので、
コンビニに寄るとき、小物を入れてさっさと出掛けましょう!

吊り紐はコントラストのある色で
お洒落を演出してくれます。

後ろにファスナーが付いてます。
着脱は楽ちん♪
長めの丈感が大人カジュアルスタイル
カジュアルコーデの定番デニムワンピースです。

詳細は⇒マーメイド裾は可愛い

 

 

可憐な白花。

裾に花刺繍が広がるナチュラル綿ワンピース

可憐な白花

柔らかい、薄手の綿なので
肌触りは優しい♪

マキシ着丈で仕上がり
夏にぴったりストンワンピースです。

ホワイト生地のスカラップ裾にお花の刺繍が広がります
ナチュラルな印象を魅せてくれます

いつでも着たくなる純白の綿ワンピース
インナーワンピースとして使ってもいい感じ◎

着用アイテムでコーデしてみる↓

詳細は⇒可憐な白花

 

 

 

 

繊細な美しさ

 

繊細な美しさ
デコルテ透け総レースワンピース

大人コーデにも

繊細な美しさ
デコルテ透け総レースワンピース

日差しの下で輝く純白のレースは
女の子の憧れ♪

トレンドのシースルーデコルテが可愛い
総レースのワンピースです

シンプルなデザインなので
総レースでも上品な印象に

大人コーデにも◎

詳細は⇒デコルテ透けワンピース

 

 

可憐なレースとフリル。
タッセルベルト付チュニック

可憐なレースとフリル

袖の繊細なレースと
たっぷりのフリルが可愛い
女の子らしいチュニックです

タッセルベルトをキュッと結んで
ウエストを細くみせたり、
ベルトを外してふんわりシルエットで
体型をカバーしたりと万能なトップス♪

レースのワンピースやペチコートで
ガーリーな着こなしにも
デニムやパンツに合わせて
カジュアルなコーデにも
シンプルなガウチョで大人コーデにも◎

オフショルダーで着ても可愛いです

詳細は⇒たっぷりのフリルが可愛い

 

 

 

フリルでおめかししたデニム

 

まあるい襟はセーラーカラーで季節を彩る。
フリルとピンタックの上品デニムロングワンピース

フリルでおめかしした

フリルでおめかししたデニムのデザインワンピース。

ころんとした襟の背中側はセーラーカラーになっています♪
デニム×セーラーカラーで春夏らしい印象に◎

綺麗目なテキスタイルのデニムを使用しているので
カジュアルになり過ぎない所がポイントです。

ボタン横や裾にもピンタックを施した仕様なので
繊細な洗練されたイメージに♪

ウエストや袖にたっぷりいれたギャザーも乙女らしいデザイン!

バックスタイルもリボンを結んで上品な印象に♪

詳細は⇒フリルでおめかししたデニム

 

 

ぎゃくりんぱで可愛くモテヘアになろう。正しいぎゃくりんぱのやり方

可愛いのに時短で出来ると人気沸騰中のくるりんぱの逆バージョン
「ぎゃくりんぱ」あなたのぎゃくりんぱは正しいですか?

ただ単純にクルリと回せばいいだけでは残念なぎゃくりんぱになってしまいます。

ポイントやコツをつかんで華やかに可愛いく仕上げ、愛されヘアスタイルで女っぷりを上げましょう。
1.自分に似合ったぎゃくりんぱの角度を見極める
基本のぎゃくりんぱを作る時、まず最初に必ずやるのがポニーテール。

ポニーテールは高めの位置で結んでしまうと子供っぽくなりがちで、ぎゃくりんぱには高すぎる位置になってしまいます。

逆に下の方で結ぶとおとなし過ぎて目立たない感じに
なってしまい、折角のぎゃくりんぱに華やかさが足りなくなってしまいます。

大人っぽいのに華やかに仕上げるにはちょうど中間地点あたりがオススメ。

角度は個人の顔立ちに合わせて、自分自身に似合う角度を見つけましょう。

可愛く仕上げるには研究も必要ですよ。
2.ぎゃくりんぱはクルリと下から回す
結んだポニーテールを少しだけ緩め、結び目より上の地肌寄りの部分を
指で半分に分け、結び目の上に穴を開けるような感じの形を作ります。

分けた髪の間に結び目部分を「下から」通し、結んだ髪を全部入れこんでクルリと回してしまいます。

これを上から通せば「くるりんぱ」、下から通せば「ぎゃくりんぱ」というわけです。

非常に簡単に出来るので、肩よりちょっとしたくらいの長さがあれば出来てしまいます。

「はい完成」と思いきや、ここで終わってしまうと残念なぎゃくりんぱの出来上がりです。

ここからが重要なポイントなのでしっかりコツをつかんで下さいね。
3.結び目をギュッと左右に絞る」クルリと回したぎゃくりんぱ、そのままでは締まりのないだらけた印象です。

解決法は締まりがないなら締めてしまえば良いということです。

ゴムから下の部分を左右同時に引っ張り、結び目をギュッと絞ってしまいましょう。

これで結び目とクルリと回した部分が絞られてだらけた印象は無くなります。

ぎゃくりんぱをキレイに決めるのはこのギュッと絞る作業、この手順を抜かすとキレイに決まりませんから絶対に忘れずに。

残念ぎゃくりんぱさんはこの過程を抜かしてしまう傾向があります。
4.ふわっとエアリー感を出す
絞られてきっちり感が出たぎゃくりんぱ。

でもそのままじゃ「抜け感」とか「こなれ感」さらには「ふんわりエアリー感」なんかには程遠いもの。

そして華やかさも半減しています。

ここで必ずやっておくべきポイントは少しずつ髪の束を引き出す作業です。

ランダムに少しずつ引き出して結び目より上を緩めていきます。

こうすることによって「ゆる感」が出てふわっとした華やかな印象になっていきます。

髪質によって引き出す髪の程度が違うので、よく鏡を見て自分の髪質にあったふんわり感を研究してみましょう。

ストレートヘアの方はあまり引き出しすぎるとまとまりの無いヘアスタイルに見えてしまうので要注意です。

適度にふんわりが鉄則です。
5.小物でアレンジ、シーンに合った使い分けを
完成したぎゃくりんぱ、ちゃんとふんわり感と華やかさが出ているか今一度チェックしてみましょう。

そのままでも十分可愛いぎゃくりんぱですが、結び目にヘアアクセサリー等を付けるのもオススメです。

シフォンなどの軽い素材の花やリボンを付ければ結婚披露宴などの華やかなパーティーの席にもピッタリなアレンジになります。

メタルな感じのアクセサリーを付ければ甘いのにどこかハード感漂うカッコいい女子に仕上がります。

そしてもう一つ、上級テクとしてオススメなのが「ダブルぎゃくりんぱ」です。

名前の通り上下に2つぎゃくりんぱを作ってしまう少々難易度が上がる上級者向けのヘアテクニック。

華やかさもダブルになるので違った表情が楽しめますよ。

こちらもヘアアクセサリーでアクセントを付けるのも面白いですね。
ぎゃくりんぱで可愛くなろう
ぎゃくりんぱはちょっと手慣れれば誰でも簡単に出来上がる上品なヘアアレンジテクです。

時短簡単に出来るけれど残念な感じにならないために、しっかりポイントを踏まえて仕上げましょう。

ふんわり感はパーマヘアの方の方が簡単に実践しやすいでしょう。

でもストレートヘアの方のぎゃくりんぱも雰囲気が違って上品で素敵です。

ストレートヘアの方はヘアアイロン等でふんわりパーマ感を
演出することも出来るので、日によって使い分けるとイメージが違って楽しめますよ。

髪の長さは肩よりちょっと下あたりから超ロングな方まで楽しめる
アレンジなので、長さによって変わるイメージも面白いヘアアレンジですね。

残念ぎゃくりんぱを卒業して、華やかで素敵なぎゃくりんぱで大人可愛い女性を目指してみましょう。