ゆとりのある服

 

女性の象徴でもある「胸」ですが、ただ単に胸が大きいから
いいというわけでもありません。

胸が大きいと太って見えてしまういらやしい目で見られてしまう服を
かっこよく着こなせないなど、悩みもつきものです。

サイズを変えることはできないですが、洋服で見せ方を変えられるような
大きな胸を小さく見せることができる服の特徴をご紹介していきます。

1.ゆとりのある服
2.素材の厚さ
3.伸縮性の少ない素材
4.着丈が長めの服
5.小さい柄より大きな柄

胸を小さく見せる服を着よう

1.ゆとりのある服

大きな胸を小さく見せることができる服の一番の特徴は、
ゆとりのある「サイズ感」です。

サイズ感で、胸を強調するも、目立たせなくさせることもできます。

胸が大きく見えてしまう原因は、ぴったりしたゆとりの少ない服により、
胸のふくらみや形が丸出しになってしまうからです。

それをカバーするためには、ゆとりがあって、胸の形が
ハッキリ出ないものを選ぶことが重要です。

細身のセーターより、シフォンのチュニックちびTシャツよりは、重ね着用の
ダボTシャツといったように、できるだけ体のラインが出にくい服を選んでください。

2.素材の厚さ

服の「厚さ」によっても、体型の見え方はかなり変わってきます。

冬の厚手のニットと、夏の薄手のサマーニットだと、どちらの方が大きな胸を
小さく見せることができるのでしょうか?
正解は、夏の薄手のサマーニットです。

同じサイズ感で作られていても、素材が厚くなればなるほど
着太りしやすくなり、体型が膨張して見えます。

それによって、大きな胸がより一層大きく見えてしまいます。

しかし、薄手の素材であれば、体型が膨張することもなく、
スッキリ見せてくれるので、大きな胸を
小さく見せることができるということです。

なるべく薄手のさらっとした素材を選んでみてください。

3.伸縮性の少ない素材

次に洋服の「素材」による体型の見え方についてご説明していきます。

素材には伸縮性のある素材伸縮性のない素材があります。

前者はニットやカットソー、ジャージー素材などです。

後者はシフォンやカーゼ、天竺などです。

服のサイズ感やパターンにもよりますが、伸縮性がある素材は、
伸縮のない素材よりも体の凹凸が出やすく、胸が強調されてしまう
可能性があります。

ニットは胸が目立ちやすい、Yシャツは胸が
目立ちにくいというのは、一目瞭然です。

体のシルエットがはっきり出にくい、伸縮のない素材を着ることで、
大きな胸でも小さく見せることができるます。

4.着丈が長めの服

これからは、服の形やデザインについて述べていこうでしょう。

まず、着丈(服の長さ)は長めのものの方が胸の形がでにくくなります。

その理由として2つございます。

まず1点目は、縦のラインが強調され、全体的にシャープに見えるからです。

想像してみてください。

遠くから見たとき、着丈の短いものと長いものでしたら、
どちらの方がシャープにスッキリ見えるでしょうか?
正解は、後者です。

特に胸元は横ラインを強調するより、縦ラインを
強調した方が目立たなくなります。

その原理を活かして着丈が長いほうが胸を小さく見せる効果があります。

2点目ですが、着丈が長いものの方が、身幅が広く作られているの
でゆとりが出やすいです。

例えば、へそ位置までの長さのTシャツの場合、へそ周りのサイズに
合わせた身幅の設定をしているものが多いでしょう。

しかし、着丈が長く、腰までの丈の服の場合、腰周りのサイズに合わせた
身幅の作りになるので、へそ周りより身幅が広くなります。

胸のふくらみのあと、へそ周りに合わせた細い身幅になるとより
胸は強調されてしまいますが、胸のふくらみのあと腰周りに合わせた
広めの身幅なら、胸も前者より強調されませんよね。

着丈は長いものの方が胸は小さく見せることができます。

5.小さい柄より大きな柄

服の「デザイン」でも、簡単に大きな胸を小さく見せることができます。

誰でも取り入れられて、より効果的に胸を小さく見せることが
できるのは「大きな柄物」の服です。

離れてみたとき、小さな模様より大き模様の方が目立つでしょう。

その原理を利用して、大きな柄でインパクトを与え、みんなの視線をそちらに持っていくのです。

そうすることで、体型には目がいきにくくなるので、
大きな胸を目立たせることなくオシャレを楽しめるのです。

これは、胸の大きい方だけでなく、太っている人でも応用できる技で、
小さい柄は逆に膨張して見えるので、大きい柄でインパクトを与え、
スッキリ見せている方も多数いらっしゃいます。

この他に、色彩でも同じことが言えますが、白や淡い色は膨張色となり、
黒や濃い色はしまって見えるとよく言われていますよね。

インパクトのあるものをコンプレックスとなる部位に持ってくることで、
それらを目立たせず、カバーしながらオシャレを楽しめるので、このトリックを
ファッションに取り入れるというのは非常に効果的です。

胸を小さく見せる服を着よう

もともとある体型は簡単に変えられないですが、いくらでも洋服や
小物などのアパレル品で、簡単に大きな胸を小さく見せることができます。

なので、皆さんも手持ちの服の中から上記に該当するものをチョイスし、
早速胸をカバーできる技を試してみてください。

 

程良いぬけ感がお洒落なドルマンシャツ

 

 

余裕のあるオトナ女子、ドルマンコットンシャツ
シンプルで着回しの効くナチュラルな一枚。

通勤着にも最適♪

マニッシュスタイルのドルマンコットンシャツです。

ラグランになったドルマンスリーブでゆったり着こなせます。

両サイド裾のスリットは大きく開いてるます。

手首がのぞく短い丈のお袖で抜け間ばっちり。

背中タックもあるので窮屈ではありません。

大きめ襟ですっきりかっこいいドルマンシャツです。

大人のお洒落に欠かせないシャツアイテムだからこそ、
肌触りの良いコットン素材を選びたいもの。

素肌に直接触れても不快感のない着心地で
見た目にもナチュラルな風合いに仕上げてくれます。

シャツて窮屈になりがちなイメージだけど、
たっぷりのドルマンスリーブにすることでゆったり
心地良くゆるくきる抜け感シャツが今ポイ。

デイリーに取り入れてみませんか?

どんな時だってコーデの中心として活用できる
シャツの存在。

デザイン性と実用性を兼ね備えた
着る人のセンスを感じる7大人のアイテム。

たっぷりの身幅のドルマンスリーブで
ストレスフリーの着心地を約束します。

カジュアルから上品まで、
合わせるものを選ばずテイストも選ばずに
自由自在にお洒落を楽しめます。
ドルマンコットンシャツはコチラです。

 

 

 

後ろ下がりのすそで細見え

デコルテ美人に魅せる、ストライプ柄スキッパーシャツ
すっきり爽やかなストライプが秋にぴったり♪

爽やかなストライプ柄スキッパーシャツです。

後ろ下がりのすそで細見え。

深いVラインスキッパーに背中にだけミニカラーがありかわいいデザインです。

袖口ボタンで抜け感もばっちり
背中にはタックがあるので窮屈ではありません。

すっきり清涼感のあるスキッパーシャツです。

大人のお洒落に欠かせないシャツアイテムだからこそ、
カッコ良さと女性らしさを兼ね備えたシャツに心惹かれる。

黒ストライブ柄なので知的に大人のこれ感を演出し、
爽やかなんだけどカッコ良さもある大人の雰囲気。

シャツってキュウクツになりがちなイメージだけど
被って着られるスキッパーシャツはボタンのストレスなく、
肩の切り替えを落とすことでゆったりと着心地良く
ゆるく着るシャツが今ポイ。

脇役になりがちなシャツを主役としてコーデに取り入れる
そんなお洒落さんに憧れます。

どんな時だってコーデの中心として活用できるシャツの存在。

デザイン性と実用性を兼ね備えた着る人のセンスを感じる
アイテムです。

ストライブ柄とスキッパーシャツの
Vネックが大人の雰囲気を演出。
カジュアルから上品まで、
合わせるものを選ばずテイストも選ばずに
自由自在にお洒落を楽しめます。

ストライプ柄スキッパーシャツはコチラです

 

楽しむ大人のこなれ感、巻きスカート風ガウチョパンツ
ゆるシルエットで窮屈感のない楽な履き心地♪

しっかり生地の巻きスカート風ガウチョパンツです。

ぐるりとウエストにリボンを巻いてエプロン風
前のスカート部分にはウエストのスナップボタンも
ついているのでずれることはありません。

後ろウエストはゴムでらくちんです。

スカート部分の右サイドの2タックはお洒落なアクセントです。

スカートのようで実はパンツとなガウチョやワイドパンツを
進化させた新たなるパンツ。

その姿はまるでスカートのような佇まい。

ワイドパンツだからこそのゆったりと、どこにも窮屈間ない楽な穿き心地。

スカートと違って、動きやすく機能的でいて、穿き心地も抜群の
ゆったりとリラックスできるシルエット。

巻きスカート風にすることでスカートぽく見えて、
カフェのお洒落な店員さんみたいにもみえたり、
普段パンツを穿かない方にもスカートに挑戦したい方にも
幅広く穿いて頂ける1着です。

ワイド感がリラックスできて、変形がお洒落さを上げる

かっちりし過ぎない程よい抜け感が
大人の余裕を感じさせる。

このリラックス感溢れるパンツを穿くだけで
穿き心地もお洒落も手に入るんです。

フロントを重ねたデザインなので
巻きスカート風にも見えて
それだけでスカートの良さとパンツの良さを
併せ持つのが分かります。

足のラインにフィットすることのない
ストレスフリーの穿き心地はやみつき。

どんなトップスと合わせても、
ワンランク上のスタイルに仕上げてくれます。

 

巻きスカート風ガウチョパンツはコチラです。

 

 

 

 

 

バックスタイルにワザあり

 

 

ディテールにワザあり、さっと簡単オシャレ度アップ!

柔らかな素材が魅せる、ニュアンスたっぷりアンサンブル。

トップスは背面に大きくスリットを入れ編み上げた、女性らしいデザインです。

インナーはベーシックなタンクトップを組み合わせました。

薄手の生地なのでごわつかず快適なところも◎

単品使いでも楽しめる、着回し力の高いアイテムです。

 

 

スリットを入れ編み上げたトップスはココ

 

 

レトロな世界へようこそ!

独特なプリントが印象的な、ゆったりとしたワイドパンツ。

くすみのある配色ながら、存在感のある柄でオシャレ度アップ。

フロントのウエストに大きくタックを入れ、サイドにはポケットを付けました。

デコボコとしたシャリ感のある薄手生地で、さらっと着こなせます。

後ろウエストはゴム使用で、伸縮性のある裏地付き。

きれいめスタイルにぴったりな、季節問わずお使い頂けるアイテム☆

トップスの前をインにして、脚長効果を狙いたいです。

 

 

きれいめスタイルにぴったりなワイドパンツはココ

大人もトライできる今季大本命

 

 

 

1枚で着てもサマになる、神コスパTシャツが誕生!!

適度なゆるさを持たせたサイズ感だから、ドレープが出やすく
着やせ&高見えが叶う優秀デザイン。

柔らかな生地が落ち感を演出して、子供っぽく見せないのも嬉しいポイントです♪

するっと滑らかな手触りで肌なじみもGood。

大人げある可愛さを引き出す肩あきと、こなれて
見えるワンショルの2タイプから選べます。

計算されたヘルシーな肌見せは、大人もトライできる今季大本命アイテム!

シンプルな無地だから、トレンドボトムはもちろん、
手持ちのボトムにさらっと合わせるだけでおしゃれに!!

プチプラだから色違いで買ってもお財布に
優しい、神コスパTシャツを今すぐGET♪

生地が柔らかいのでボトムINも問題なさそうです。

やや透け感がありますが、プチプラのわりに
一般的なTシャツ程度かなと思います。

中にキャミソールなど着れば十分OKです。

 

1枚で着てもサマになるTシャツ

 

バックリボンが後ろ姿も大人フェミニンに演出

 

 

バックリボンで後ろ姿が大人可愛いTシャツ。

袖部分は腕が長く見えるフレンチスリーブデザインで、
スタイルUP効果が期待できます。

【素材・サイズ感】

コットン100%のカットソー素材を使用。

さらっとした着心地で、暑い季節でも着心地バツグン◎

ゆったりとしたシルエットで体型もカバーしてくれます。

【スタイリング】

スキニーデニムやワイドパンツを合わせたカジュアルコーデがオススメ。
トップスはボリュームがあるので、コンパクトなボトムがバランス◎

コンパクトなボトムはこちら

 

 

存在感バツグンの柄プリントに目が引かれるスカート。

ビビッドなカラーリングで、コーディネートを鮮やかに彩ります。

【素材・サイズ感】

軽くてハリのある生地はボリュームのある綺麗なフレアシルエットを演出◎

さりげないラメ感もお洒落で可愛いポイントになっています。
ウエストゴムで着心地も良い一枚です。

【スタイリング】

トップスはシンプルなものを合わせて、スカートを主役にした
エレガントなコーディネートがオススメです。

 


大胆なプリントに視線集中スカートはココ

 

上品リラックス

トレンドの前後差がある、スキッパーシャツがお目見え。

生地はシフォン素材より丈夫で高見せ効果が
期待できる、「ジョーゼット素材」を使用し、上品に仕上げています。

また後ろの丈が長いので、お尻が隠れて腰周りもしっかりとカバー。

首元やデコルテラインをキレイに見せる
スキッパーデザインは、着るだけで抜け感を演出。

背中のタックやドロップショルダーなど、きゃしゃに
見えるシルエットにもこだわりました!

ベーシックなカラーからコーデの主役となるカラーまでご用意。

少し襟を後ろに落とし、ルーズな雰囲気で着るとこなれ感が出ておすすめ。

上手に体型カバーをしつつ、スタイルアップを叶えてくれる、一押しアイテムです。


ゆるっとドレープ感のあるスキッパーシャツはココ

 

 

歩くたびにふんわり広がってキレイ♪

パンツ or スカートから選べる、ボリュームたっぷりな
サーキュラーマキシボトムが登場。

程よい厚みでさらっとした品のある生地を
使用し、ロングシーズン着用OKです。

またどちらのタイプにも膝上までの裏地が
付いているから、気になる透け感をしっかりとカバー。

ウエストは総ゴム仕様で身体にぴったりフィット&着脱も楽チンです。

Tシャツをインしてサッシュベルトで
ウエストマークすれば、トレンド感のあるフェミニンスタイルに♪

こなれ感を演出できるおしゃれアイテムはクローゼットの強い見方です。


サーキュラーマキシボトムはココ

 

 

夏にぴったりの肩出しTシャツ

 

夏にぴったりの肩出しTシャツ

肩出しデザインデザインで、デコルテラインをきれいに見せてくれます。

胸元のボリューミーなフリルが、ガーリーで

ふんわりとした女の子らしい魅力を演出してくれます。

ゆったりラフな春夏のカジュアルコーデにぴったりです。

一枚でエレガントに大人可愛くおしゃれに決まります。

無地でシンプルなデザインなので着回しやすく、どんなボトムや
パンツスタイル、アクセサリー、ハンドバッグ、ショルダーバッグなどに
合わせやすい一枚です。

普段使いにはもちろん、お出かけ、デート、結婚式
二次会など様々なシーンにも大活躍。

 

 

夏にぴったりの肩出しTシャツはココ

 

さり気なく肌を覗かせる袖レースDesign

 

袖のモチーフレースが上品な大人カジュアルに決まるTシャツ。

ヘルシーな透け感のレースが気になる二の腕を優しくカバー。

 

Vネックなので首周りも大人っぽくすっきり見えし、小顔効果抜群。

【素材・サイズ感】

綿混の伸縮性たっぷりな素材なので、さらっとしていて汗をかく季節も快適です。

サイドスリット入りなので腰回りももたつかずすっきり。

 

【スタイリング】

デニムのワイドパンツで大人カジュアルに。

フレアスカートとのガーリーなスタイリングも◎

 

 

カジュアルに決まるTシャツはココ

 

 

梅雨にも対応していこう

少し早いですが

6月と言えば思いつくのが梅雨です。

春の穏やかな暖かい気候も終わり、雨が降る日も
増えて、夏に向けて気温も湿度も徐々に上がります。

また朝夕の気温差もあるため、服装の調節には難しい時期です。

とはいえ、オシャレもたのしみつつ機能性も重視したい
6月に最適な女性の服装のポイントをご紹介します。

1.最も必要といえる薄手のはおりもの
2.濡れても透けにくい素材色を選ぶ
3.雨に濡れても安全でなおかつキレイに見える靴を選ぶ
4.防水スプレーを1本常備する
5.華美になりすぎない明るい色を選ぶ

天気が変わりやすい6月に最適な服装にしよう

1.最も必要といえる薄手のはおりもの

一日のなかでも天気が変わりやすい6月。

朝の通勤通学の時間は少し肌寒く感じても、日中の陽が当たる
時間は少し暑く感じることもあります。

梅雨時期で雨が多くなると湿度が上がり
蒸し暑く感じる事もしばしばあります。

そうなるとオフィスや学校等の施設の中では
エアコンで気温と湿度を調整する所も多いでしょう。

気温や湿度の変化の感じ方は個人差が多いものです。

さらに男性が多い環境になるとエアコンの設定温度が
低くなり、冷えに敏感な女性には
厳しい環境になってしまいます。

そんな時、脱ぎ着しやすい薄手のはおりものが重宝します。

一枚はおるだけで、体感温度はずいぶん変わってきます。

袖を通さなくても肩にかけたり、座っている時には
お腹まわりにかけたり、また膝の上に置いて
おくだけでも暖かくなります。

極薄手のニット素材のものなら、首周りに
スカーフのように巻くと一層暖かく感じます。

6月といえばまた、紫外線も多い時期です。

ランチなどで外出する際には日よけにもなります。

脱ぎ着しやすくシワになりにくい
素材を選べば、女性としての美しさも保てるでしょう。

2.濡れても透けにくい素材色を選ぶ

6月は梅雨まっただ中です。

外出中に急に雨が降る、傘の用意はしていても
横殴りの大雨になる、満員電車や
バスの中で、雨に濡れている隣の人の傘や
鞄で服が濡れてしまう等予想以上に
全身が濡れてしまう事も十分ありうるでしょう。

そんな時に、服が濡れてしまい
下着が透けてしまったなんて事は避けたいものです。

恥ずかしい気持ちになるのは
もちろんですが、周りの人にも良い印象を与えないはずです。

薄着になっている時期なので、ブラウスや
シャツ一枚で外出する事も多い時期です。

そんな時こそ、女性として透けると言う事には
敏感に気をつけましょう。

下着の上に、透けにくい色のインナーを
一枚着ておくだけでも違います。

最近は機能性に優れたインナーも多く出回っています。

ほんの少しの心がけで、女性としての品格が保てるでしょう。

3.雨に濡れても安全でなおかつキレイに見える靴を選ぶ

学校や会社によっては、指定の靴が
ある場合もありますが、通勤時は
ほとんどの場合が個人の靴を履いています。

服と同じで個人のオシャレが楽しめるのが靴ですが、梅雨の雨に
濡れやすい時期だと履く靴にも迷う時があるでしょう。

一見美しく女性らしいヒールの靴は、雨で
濡れた地面では滑りやすくなります。

アスファルトの上ではそう感じなくても、ビルの中や駅の階段などでは
滑ってヒヤッとした思いをした事がある人もいるでしょう。

でも雨靴やスニーカーはちょっとと敬遠したり、大雨が降るなか
正装で外出しなくてはいけない時もあるはずです。

そんな時はいつもより低めのヒールにしたり、普段から
ヒールの底に滑り止めを貼っておくのがオススメです。

ショッピングセンターや駅の中で見かける、靴の
修理店ですぐにつけてもらえます。

また近頃は色も華やかで機能性に
優れた雨靴に見えない物も多くあります。

雨が上がった時にも不自然にならない靴を
一足もっておくのも安心です。

4.防水スプレーを1本常備する

女性なら、いつどんな時もオシャレを
楽しみたい、と思う人も多いでしょう。

オシャレしてお出かけする予定があるのに雨が降っている
出かけても急に雨が降ってきたなんて事は
梅雨時期にはよくあることです。

せっかくのオシャレも、雨に濡れてしまったら
台無しになってしまいます。

お気に入りの服が濡れてしまったら、一気に気分も
滅入ってしうでしょう。

急な雨に備えて折りたたみ傘等の
雨具の用意をする人が多いなか、意外と
持っていないのが防水スプレーです。

家にあって、雨が降っていたら出かける時に
使用する人は多いですが、バックに
携帯している人は少ないでしょう。

バックの中や会社のデスクやロッカーに、小さい
スプレーを1本携帯しておくと便利です。

急な雨に見舞われても、シュッとスプレーするだけでも
濡れ具合がずいぶん違います。

特に靴やバック等は、濡れると
変形しやすくなりますし、服が濡れるのも最小限にしたいものです。

また傘だと使える人数が限られますが、スプレーなら
一緒にいる友達や、会社の同僚上司にも貸してあげる事もできます。

そうすると、オシャレだけでなく心遣いができる
女性として好印象を持たれるでしょう。

5.華美になりすぎない明るい色を選ぶ

6月といえば梅雨、と誰もが思うでしょう。

それほど6月は一年の中で雨が多い時期です。

雨が多いという事は、太陽が出ていない日が
多く雨雲に覆われて、ジメジメと湿気も多くどんよりしています。

そうなると自然と気分もどんよりしてしまうという人もいるでしょう。

明るい色の服を身につける事で、気分も明るくなる事が期待できます。

また周囲に与える印象も明るくなるでしょう。

社会人のマナーとして、仕事中は華美になりすぎない事は
大前提ですが、どんより暗くなりがちな
天気が多い時こそ、明るくしていきたいものです。

黒紺茶系でも色の濃淡で印象がずいぶん変わってきます。

会社や学校の規定で明るい色の服が着れない場合でも、ハンカチやタオル等の
小物を明るい色にするだけでも気分は上がってくるでしょう。

気持ちが明るくなると自然と笑顔も出てきますし、そうすると周りの人も
明るい気持ちになり良い環境が保てるかもしれません。

天気が変わりやすい6月に最適な服装にしよう

気候も不安定で変わりやすく、梅雨時期で
雨も多いため気持ちもどんよりしがちな6月です。

そんな時こそ楽しく過ごして、周りにも良い印象を
与えられる女性になりたいですね。

服装で人に与える印象は、思いのほか大きく変わるものです。

ほんの少しの心がけや心遣いで一目置かれる女性になれるでしょう。