なんだかおめかししたくなる


 

日差しが強くなる季節、優しく肌を守ってくれるUVシリーズが登場!

UV対策、抗菌、防臭、速乾性、ストレッチ性、
ソフトタッチ等、機能性に優れた素材を使用。

ネックから斜めに施されたフリルが印象的な、膝下丈のフレアワンピース。

アシンメトリーにする事で、モード感たっぷりの
お洒落なデザインに仕上がりました。

アームホールは少し広めで、配色のインナーを
合わせたレイヤードスタイルもお勧め。

さらっとしたストレッチ性のあるカット生地で、快適な着心地。

カラーは、シックな色合いを中心とした全6色ご用意しました。

他ではなかなか見られない、華やかさを添えてくれるアイテムです☆

 

 

日焼け防止 ワンピースはココ

着る虫除け

 

その常識で大丈夫!?
確認必須の紫外線危険度グラフ

みんなが憧れる“白く美しい肌”をもった女性。
そんな女性であり続けるために、まず気をつけるべきなのは「危険を避ける」ことです。

肌を傷つける原因である「紫外線」は、地域や季節などにより、その強さが異なります。
紫外線が強いときほど、より注意が必要ですので、どのような状況だと
注意しなければいけないのかを知り、きちんとケアをするようにしましょう。

1)南に行くほど紫外線が強い。
2)1年の中では、4月から9月頃までが強い。
(年間紫外線照射量の7割~8割)
3)1日の中では、正午を中心とした前後2時間が強い。
(夏は1日の6割程度。冬は1日の7割程度)。

 

1日のうちで紫外線が最も降り注ぐのは、やはり日中(10時~13時頃)
この時間の外出は、できるだけ控えるのが賢明です。

また、紫外線は一年中降り注いでいます。
その照射量は4月頃から増加し、8月にピークに達しています。

快晴の日に比べ、曇りの日の紫外線は約半分の量だといわれています。

これは、言い換えれば、晴れた日に1時間浴びるのと同じだけの紫外線を、曇りの日でも2時間で浴びてしまうということ。
太陽が顔を出していない日でも、油断は大敵なのです。

 

あなたの生活環境や行動パターンは危険にさらされてはいないでしょうか?
もし、思い当たる点があるのであれば
日やけ止めなどを活用して、肌をきちんとケアしてあげることが大切です。

 

 

 
防虫&UVカット加工で夏にぴったりなワンピース!
サイドスリット入りでトレンド感もあり
バーベキューやフェスなど外でのイベントに大活用できます。
海や山でのレジャーはもちろん
日常の虫よけにも使えます。

着るだけでOKなので虫除けスプレーにありがちな吸い込み
や塗り直しの心配ないのがうれしいですね。

ペットや赤ちゃんへの影響が心配だから虫除けスプレーは
使いたくないなんて人にも安心して着れますよ。

着る虫除け!防虫&UVカット加工で夏の野外の強い味方!
着心地○なカットソー素材シリーズ誕生!トレンド感もばっちりなワンピースです。

【素材・サイズ感】

肌触りの良いカットソー素材。伸縮性があるのでリラックスして着ていただけます。

【スタイリング】

シンプルなデザインなのでデイリーに大活躍!

※素材の特性上、洗濯を繰り返すと防虫効果は少しずつ弱まります
※虫よけや虫刺され防止に対しては個人差があり
完全に保障するものではございません。ご了承下さい。

 

 
袖折り返しシンプルストレートワンピースはココ