いつもどんなところに服を買いにいくの?

 

女子同士でお出かけするとき、服装がかぶってしまい、1日気まずかった
そんな経験をしたことがある人も多いのではないしょうか?
かぶってしまうのはハプニングだから仕方ないでも、できれば避けたい。

そんなあなたのために、服装がかぶらないための方法をご紹介します。

1.身に付けるアイテムの数を増やす
2.相手の服装の趣味の調査
3.打ち合わせ

服装のかぶりを回避しよう

1.身に付けるアイテムの数を増やす

単純な話ですが、身につけているパーツが
少なければ少ないほど、かぶった時のインパクトが強いです。

例えば、ワンピースなどがかぶってしまうと、いかにも
「おそろい」という感じになってしまいますよね。

これがスカート+カットソー+カーディガンなど、多数アイテムで
コーディネートすると、数が増えた分だけ
コーディネートにもあバリエーションが
できて、かぶる可能性がぐっと低くなりますよ。

大ぶりのアクセ、帽子など、視線を集めやすい
小物を1つ以上身に着けていきましょう。

特に服の上に重ねて身に付けるような、胸下まで届く
ロングネックレスや、ウエストマークベルトがオススメです。

これで、全体の印象がかぶる可能性はずっと低くなります。

もし、小物がかぶってしまった場合も、小物なので
すぐに外すことができますよね。

どうしてもワンピースを着ていきたい場合は、当日かぶりが
発覚した時のために、カーディガンなどの
羽織るものをカバンに入れておいた方がいいですね。

また、ストールにもなるし、ボレロにもなるしといったような、2wayや
3wayアイテムなら、着方にバリエーションがある分、かぶりを防げます。

同じ理由で、リバーシブルもいいですね。

もし、当日にかぶりが発覚した場合でも、着方を変えるだけで
即座に回避できるので、オススメです。

2.相手の服装の趣味の調査

以前から付き合いがあって、相手の服装の趣味をある程度
わかっている場合は、同じブランドや同じテイストのブランドは避けましょう。

山ガール系の服が多いとか、レトロファッションが
好きとかまでわかっていれば、かぶりを回避しやすいですね。

一緒に出かけるまでに話す機会があるならば、ガールズトークで
「いつもどんなところに服を買いにいくのー?」とか
「どんなブランドが好き?」など話をするのもいいですね。

仲良くなれるキッカケにもなるかもしれません。

また、職場や学校では制服でも、財布やパスケースなどから
相手の趣味がわかることもあります。

フェミニンとか、機能重視とか、わかれば
ある程度服装を予想することもできますよね。

チェックしてみるのもいいでしょう。

当日会うのが初対面など、相手の服装の趣味が
全くわからない場合、せめて流行りものは避けましょう。

流行りものを身に着けたい気持ちはわかりますが
流行っている=たくさんの人が
身に着けているというわけで、やはりかぶるリスクが高いです。

流行色も同様ですね。同行する人が流行りものに興味が無いと
わかっている場合なら構わないと思いますが、
そうでないなら避けたほうがいいです。

どうしても身に着けたい場合は、リスク軽減で
せめて1アイテムに抑えておきましょう。

3.打ち合わせ

結婚式、卒業式、成人式などの日の服装は、写真に残りますし、
集合写真も撮ったりするし、絶対にかぶるのをさけたいですよね。

ドレス、着物などは、買うにしてもレンタルにしてもお値段が高いですし
「奮発して買ったのに、○○ちゃんとかぶちゃった」
と嫌な思い出にしたくないですよね。

その場合は、究極の手段「打ち合わせ」です。

結婚式では、花嫁を立てるため、花嫁のカラードレスの色を
あらかじめ聞いておいて、かぶらないようにする人も多いですよね。

同じように、同席者にも聞いておくのです。

特にいっしょに式に参加する相手ならば、式当日までに式の話題が出ますよね。

その時に聞けばいいでしょう。

この時、重要なのは「色」です。

ドレスも着物も全身同じ色であることが多いので、色がかぶってしまうと、
とても「かぶっています」という感じになるからです。

また、かぶるのは嫌だけど、周りと
浮きすぎるのも嫌という方にも、打ち合わせは大事ですね。

仲の良い相手なら、ドレスの写真を見せてもらっても良いでしょう。

女子同士なら
「かぶるのは嫌だけど、周りと浮きすぎるのも嫌」
という気持ちもわかってもらえるでしょう。

かぶって嫌な思いをするのはこちらもむこうも同じこと。

あなたが「当日、どんな服着ていく?」と聞いてくれたら、
内心ほっとする人も多いはずですよ。

服装のかぶりを回避しよう

親しい友人同士だからこそ、服の趣味が似ていて、
服装がかぶってしまう可能性も高くなりますよね。

周りには「おそろい?仲良しだねー」とか「姉妹?」と、悪気なしに言われて、
いちいち説明するのもめんどうだし、同じような格好をしていても、
向こうの方が美人だったりスタイルがよかったりすると、もう帰りたい。
ってなってしまいますよね。

楽しみにしていたお出かけが台無しにならないように、あらかじめ、
かぶらないための工夫をしていきましょう。

 

 

肌とレースの美しいコントラスト

後ろ姿にトキメク、バックレースバルーンカーディガン
緩やかに流れるシルエットは自然に体型カバーもしてくれる☆

バックレースバルーンカーディガンです。

バック上部にシースルーレースを施し、後姿をセクシーに仕上げたカットソー素材の
カーディガンですので夏場の日焼け対策にも最適。

やわらかな肌触りの良さですとれる無く着用できます。

後姿にも自信が持てるバックシャンカーデです。

絶妙なルーズ感が身体のラインを自然とカバーしてくれるゆとりあるシルエット。

雰囲気も抜群なデザインなのにどんなスタイリングにも馴染んでくれる万能さ。

この一着で欲張りなお洒落心を
満たせるように、後ろ姿には繊細なレースを透かして。

シンプルなでデザイン性の高い仕上がりに。

本当に着心地良くって毎日着たくなるほど。

持っていると絶対使えて、お洒落で便利、だからデイリーに着まわしたくなる。

肌とレースの美しいコントラスト

軽やかにさっと羽織れてコーデに馴染んでくれるものが使いやすいと思うから。

無地なんだけど、レース切り替えで可愛いニュアンス。

ヒップにかかる丈感が使いやすく、お手持ちの洋服と合わせてお洒落を楽しめます。

羽織るだけで女性らしい雰囲気を高めてくれる、理想的な羽織り。

大人ほくカッコよさを演出するブラックカラー。

 

存在感と華やかさのあるバックレースはココ

 

 

質の良い服を選ぼう

女性はいつでもファッションを楽しみたいもの。

そして周りの人にも好印象を与える服装をしたいですよね。

そこで今回は25歳の女性に適した服装のポイントをご紹介します。

1.モノトーンのお洋服を中心としたワードローブ作り
2.コーディネートに使うお洋服の色を3色に抑える
3.長く使えるものを買う
4.スカートの丈をひざ丈に
5.オンでもオフでも使えるアイテムを買う
6.シーンに応じた服装

1.モノトーンのお洋服を中心としたワードローブ作り

25歳になると、大学生のときに着ていたお洋服に抵抗が出てくる方も多いのではないでしょうか。

パステルカラーのお洋服や、ミニスカート、フリルや大きなリボンがついたお洋服。

いわゆるかわいいスタイルがだんだんできなくなってくるものです。

そこでオススメなのが、モノトーンのお洋服をそろえることです。

モノトーンのお洋服であれば、デザインがかわいいものでも大人っぽく着こなすことができます。

職場に着ていっても悪目立ちせず、上司受けも良いです。

何より、モノトーンのお洋服を中心にしていくと、30歳が近づいてきても着れるお洋服が多くなり、買い替えるコストも抑えることができます。

モノトーンの配色であれば、誰でも似合うので、コーディネートもしやすいです。

2.コーディネートに使うお洋服の色を3色に抑える

これはお洋服をバランスよく着こなす上で重要なポイントです。

4色以上の色を取り入れてしまうと、とてもバランスが悪く、派手な人に見られたり、趣味が悪い人に見られたりしてしまいます。

お洋服の色を3色に抑えることで、自然とおしゃれに見えるし、落ち着いた雰囲気に見せることができるので、仕事をまかされるようになってきた25歳の女性にはぜひ取り入れてほしいポイントです。

25歳はいかにバランスよくお洋服を着こなすかということにも目を向けていきたい年齢です。

3.長く使えるものを買う

大学生のときには、そのとき着たい服を買い、買い物の回数も多かったのではないでしょうか。

25歳になると、もっと先のことも考えた方が良くなります。

お洋服を選ぶときには、3年後も着られるかを視野に入れて買いましょう。

コートやジャケットなどのアウターは特に、ベーシックな色とデザインのもので、少し良いブランドのものを買うと良いでしょう。

25歳になりお給料も稼ぐようになったのですから、お洋服に投資することも大事です。

25歳になっても安物ばかり着ていたり、流行のものばかり買っていると、30歳になったとき着る服がなくて困ってしまいます。

質の良いものを長く着ることを意識しましょう。

4.スカートの丈をひざ丈に

大学生の頃は、ミニスカートだけ履いていたという方もいるのではないでしょうか。

カジュアル派の方は、ロングスカートしか履かなかった方もいるかもしれません。

25歳の女性に求められるのは、適度な若さと清潔感です。

そのため、ミニスカートやロングスカートで会社に行くのはNGです。

よくミニスカートを履いたOLさんを見かけますが、先輩受けはとても悪いと思った方が良いですよ。

大人の女性への階段を登る一歩として、スカートは膝丈を選びましょう。

若さも失われず、きちんと感もあるので、万人受けします。

誰に見られても恥ずかしくない格好をすることを心がけましょう。

5.オンでもオフでも使えるアイテムを買う

会社で着るお洋服と、私服が全く異なる場合もよくありますよね。

でも、会社用のお洋服と私服用のお洋服の両方を買っていたら、とても出費がかさんでしまいます。

そのため、どちらにも着られるお洋服を買うようにしましょう。

例えば、シンプルなIラインのワンピースが1枚あるととても便利です。

色はベーシックな黒か紺がとても使えますよ。

ジャケットやカーディガンを着ると会社仕様になり、ライダースやパーカーをはおれば私服仕様に変身してくれます。

オンでもオフでも着られるお洋服を買うと、クローゼットに余計なものをつめこまなくなるので、整理整頓上手にもなれます。

6.シーンに応じた服装

25歳になると、そのときどきのシーンに応じた服装が必要となります。

例えば、お客様や取引先に会う日は、ジャケットを着用する。

彼とデートのときには、ワンピースやタイトスカートで女性らしさをアピールするなど。

25歳にもなると、様々なイベントが発生しますよね。

目上の方や全く知らない人と出会う機会も多くなります。

そのシーンに応じた服装をすることを心がけて、誰からも好かれる25歳を目指しましょう。

ただし、その時々であまりにも異なる服装をしていると、信用できない人だと思われてしまいますので、あくまでも自分のスタイルのベースは作っておくのが鉄則です。

25歳に合った服装にしよう

25歳は学生気分も消えて、社会人として大人になる時期ですよね。

もう子供ではないので、いつまでも若い服装をするわけにはいきません。

仕事をする際にも、婚活をする際にも、服装はとても重要なポイントになってきます。

季節感漂う柔らかなフェイクファーポケット

 

季節感とトレンド感を添える

適度な厚みのある生地感で、見た目以上に軽やかな着心地が魅力。

裏面はふんわり柔らかな起毛加工がされていて、暖かく
保温性が高いのも嬉しいポイントです!

見た目に季節感漂う、柔らかなフェイクファーポケットで
トレンド感をプラスしたコーディガン。

Vネックデザインはすっきりと上品な印象を与え、タートルネックなどの
ネックにボリュームのあるニットとも相性抜群◎

ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットは
大人の抜け感もプラスしてくれる優れもの!

ややオーバーなサイズ感は、レイヤードしても
着ぶくれせず、すっきりと着用して頂けます。

デニムできれいめカジュアルに合わせたり、スカートで
上品に合わせるのも◎

さらっと羽織れて暖かいコーディガンは、今季マストバイアイテムです!

Vネックコーディガンはココ

 

 

 

インナー次第でロングラン着回せる

 

今一番着たいトレンドが詰まった1着。

あたたかみのあるメルトン素材を使用したトレンド感のあるキャミ型のオールインワン。

【素材・サイズ感】

ゆったりとしたワイドシルエットでラフに着られるのが嬉しいポイント。

深めの女性らしいVネックカットに、すとんと落ちるマニッシュなAライン。

ストラップはコーデに合わせて長さを調節できます。

【スタイリング】

インナー合わせで幅広いスタイリングが楽しめます。
ハイネックやリブニット、ロングカーディガンまで相性抜群。

 
インナー次第でロングラン着回せる
 

コーディガンを着てみよう

ここ最近耳にするようになったコーディガン。

特に女性が着るアウターの種類のひとつであり、トレンドアイテムとして人気があります。

1.コートとカーディガンの中間のようなもの
2.春や秋のアウターとして活躍
3.ロング丈がトレンドで人気がある
4.ノーカラーのデザインが主流
5.フード付きもある
6.素材はいろいろ
7.トレンドアウターとして一番人気

コーディガンを着てみよう

1.コートとカーディガンの中間のようなもの

カーディガンのような素材でありながら、コートとしても
着られる、カーディガンより防寒効果が高いアイテムです。

デザインも普通のひとがカーディガンだと感じるよりも、コートのように
見えるデザインのものがほとんどです。

ロングカーディガンも人気がありましたが、あれはあくまでカーディガンのロング丈でしたが、
コーディガンはデザインもコートっぽく、トレンドのオーバーサイズ気味なものが多いです。

見た目ではコートと判断するひとのほうが多いでしょう。

2.春や秋のアウターとして活躍

少し肌寒さを感じる季節に活躍するアウターです。

春や秋など、日中はそれほど寒くなくても朝や夜になると寒くなる
季節はコーディガンがちょうどいいでしょう。

これらの季節ではトレンチコートなどの薄手のアウターが人気がありましたが、
それよりももっとカジュアルな感じに着こなせるコーディガンがいまは人気です。

プライベートはもちろん、会社などに着ていっても大丈夫でしょう。

3.ロング丈がトレンドで人気がある

コーディガンは基本的にはロング丈のものがほとんどです。

ショート丈のものはコーディガンとはあまり呼ばないでしょう。

トレンドがロング丈のアウターということもあり、いまコーディガンと
呼ばれているもののほとんどはロング丈のものが多いです。

ロング丈はトレンド感が強いので、女性らしく着こなしたい
ひとのためには、もう少し短めの膝丈ぐらいの丈もあります。

ロング丈だと、トレンドアイテムのワイドパンツなどに
あわせやすいので人気があります。

4.ノーカラーのデザインが主流

デザインはカーディガンのらしい、ノーカラーのデザインが主流です。

すとんと落ちるデザインでIラインが強調され、スタイルよく見えるところもポイントでしょう。

ロングカーディガンなどと違い、ボタンがなかったり、あっても少なく、前は開けて着こなすタイプのアウターです。

5.フード付きもある
ノーカラーのデザインが多いですが、フード付きのデザインのコーディガンも多く出ています。

よりカジュアルな雰囲気に着こなせるいっぽう、フードをかぶって寒さ対策にもいいでしょう。

また、腰ひもがついているタイプがあり、それでウエストマークすることもできます。

また、後ろでリボン結びをして装飾として楽しむこともできます。

腰ひもはボタンのかわりにフロント部分を閉めてくれるので寒さ対策もできます。

6.素材はいろいろ

素材はいろいろあるので、コーディガンはこれ、という決まった素材はありません。

アクリル、ポリエステル、綿、毛など、色々な素材だったり、様々な素材が組み合わされていたりするので、商品によって風合いや手触り、厚みや温かさや着た時のシルエットも違ってきます。

インターネットショッピングで購入する場合は素材にも注目しなければ、想像していたコーディガンと違うと感じるかもしれません。

素材によって雰囲気が変わるので、できたら店頭で選んだほうが理想のコーディガンを見つけやすいでしょう。

ネットショッピングする場合は手持ちの服の素材の風合いを確認しながらショッピングするのもいいでしょう。

7.トレンドアウターとして一番人気

春や秋のアウターは色々なものが出ていますが、いまはロング丈のアウターがトレンドということもあり、断然コーディガンがトレンドアイテムとして人気があります。

価格も数千円程度のものからあるので購入しやすい価格帯であることも人気です。

素材によっては毛玉がつきやすいアイテムではありますが、トレンドアイテムなのでワンシーズンで着たおそうと考えているひとも多いので気にしないひとが多いでしょう。

カラーも豊富にあり、秋ならばカーキ、グレーなど、季節感があって着こなしやすい色が人気です。

オーバーサイズで着こなすのタイプのアイテムなので、中に着こむことができます。

風を通しにくいアウターなどを中に着こめば冬でも活躍してくれるでしょう。

着るだけで誰でもオシャレに見えるアイテムなのでアウター選びの時はチェックしたいアイテムです。

コーディガンを着てみよう

低価格のショップでもコーディガンを人気アイテムとして売り出しているので、人気がかなりあります。

値下げしている時期などは二千円ぐらいで買えてしまえるので、かなりお買い得なトレンドアイテムと言えるでしょう。

背の低いひとは着こなしが難しいと思うかもしれませんが、ヒールのあるサイドゴアブーツやブーティなどをあわせることで、違和感なく素敵に着こなすことができるでしょう。

サイズ感が大事になってくるので、いつものサイズにこだわらず、試着してオシャレに見えるサイズを選ぶことが大事なアイテムでもあります。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ac%e3%83%b3

大人気裏起毛コーディガンが今年も登場!

今年は切りっぱなしデザインがおしゃれなロングタイプが仲間入り。

さらに新色モカも加わりあなたのお気に入りがきっと見つかる。

新作ロングタイプは切りっぱなしのトレンドデザインで

こなれ感たっぷりのオシャレアウター。

去年も大人気だったトッパータイプはAラインに広がった
落ち感あるシルエットが特徴です。

ふんわり柔らかな裏起毛素材♪でとっても暖かくって

優しい肌触りのカジュアル素材は着心地もGOOD♪

ラフに着れるデザインだからヘビロテ間違いナシのコーディガン

裏起毛コーディガンはココ

黒の麗嬢

 

黒の麗嬢
シックなベロアワンピース

黒の麗嬢

漆黒のベロアに浮かぶ純白

清楚なお嬢様にピッタリの
上品ワンピースです

襟元と袖の純白が可憐

エレガントな装いは
お出かけにもデイリーにもOK◎

詳細は⇒漆黒のベロアに浮かぶ純白

 

 

そっと花を咲かせて。
なめらかコットンにお花レースを咲かせたナチュラルニットカーディガン

秋口の肌寒い時などに

ネイビーベースの色に繊細なレースを飾って
大人らしい色にフェミニンディテール
優しく魅せてくれます。

今年は袖口、裾にお花のモチーフレースをたくさんあしらいました!
前開きデザインなので、ガーリー感Up↑↑

ゆったり落ちるシルエット
秋口の肌寒い時などにもさらりと羽織れて、
スキニーなどカジュアル系にも合わせて着られます!♪

Favoriteらしいレースいっぱいのデザインでお届け

詳細は⇒秋口の肌寒い時などにもさらりと

 

 

五角形が奏でる可憐なドレープ
変形お嬢様スカート

変形お嬢様スカート

五角形が奏でる可憐なドレープ
変形お嬢様スカート

裾の贅沢レースが靡いて
優雅なラインを描きます

ギザギザが印象的な
五角形の変形スカートです

シンプルなデザインなので
どんなコーデにも合わせやすい◎

詳細は⇒変形お嬢様スカート

 

 

風花を纏う

 

風花を纏う。

風に揺れる楊柳シフォン羽織

風花を纏う

気品が宿る花刺繍
存在感たっぷりな大人の羽織!

前開きデザインなので、
Favoriteおすすめのインナーワンピースと合わせても
自分が持ってるカワイイワンピースと合わせてもいい感じ◎

即フェミニンにしてくれる美人羽織
この季節にオススメの1着です

詳細は⇒風花を纏う

 

 

泡沫の花羽織。

ふんわり揺れる綿ストール

泡沫の花羽織

こんなに柔らかいで
女性らしいストールを身につければ、
気持ちも丸くなるみたい
肌に馴染む着心地

優しい大きめな花モチーフ
さらりと巻けば一瞬で、
ロマンチックな雰囲気に包まれます

詳細は⇒泡沫の花羽織

 

 

 

羽織るだけで

 

 

花風のベール。
エアリーレースカーディガン

羽織る贅沢

羽織るだけで
どんなコーデも華やかに

繊細な刺繍をあしらった
羽織る贅沢

ふんわり可憐な妖精コーデから
エレガントな大人コーデまで
幅広いコーデが楽しめます

詳細は⇒ふんわり可憐な妖精コーデ

 

 

 

 

 

小柄女性似合うファッションのポイント3つ

小柄は短所ではなく長所です。

すっきりキレイに見せる着こなし雑誌や店頭で
見かけたおしゃれな服、いざ試着してみると
長さやバランスが……という経験は、小柄な女性なら1度や2度はあるでしょう。

たいていの既製服は158cmから160cmくらいの
女性を基準に作られているので、どうしてもバランスが悪くなってしまいます。

でも小柄な女性ならではの可愛らしさを
セールスポイントにして、すっきりと
似合う着こなしを見つけることは出来ます。

流行と自分のセールスポイントの兼ね合いを
みながら、似合うスタイルを探していきましょう。

1.小柄女性の理想シルエットはIライン
2.ボトムスはボリュームを抑える
3.靴も小柄女性にとって重要なポイント

小柄女性のファッションはサイズ感を合わせることが大切

1.小柄女性の理想シルエットはIライン

小柄な女性は縦長に見せるIラインのファッションがオススメです。

よくやってしまいがちなのが、小柄な女性の可愛らしさを
活かすこと=可愛らしいファッションということで
フレアースカートやギャザースカートをはいてしまうことです。

これらのふんわりしたボトムスは、ボリュームに
気をつけないとボトムスだけが悪目立ちをして非常にバランスが悪くなります。

スカートはタイトなどのすっきりしたシルエットで
丈もショート丈の方がすっきりして見えます。

足に自信がない、年齢的にショート丈はきつい、という方は
膝丈くらいまでなら、それほどバランスは悪くはならないでしょう。

トップスはコンパクトにまとめる
「華奢な女性がゆるめのメンズライクなシャツやニットを着ていると可愛らしい」
というのは確かに一理ありますが、これも
小柄な女性にはちょっとハードルが高い着こなしです。

身長が低いという事は、それだけ縦のラインが短いということです。

そこへもってきてだぼっとしたトップスをもってくると
寸詰まりの印象を与えてしまい、胴長で実際よりも身長が低く見えてしまいます。

小柄な女性はボリュームや長さのあるトップスよりも
身体にフィットしたコンパクトな物の方が
すっきりとして、縦長なラインを作ることが出来ます。

そうはいっても下半身にコンプレックスがあって、お尻や
お腹をカバーしたいという女性は、長さはある
程度あってもボリュームは抑えたものを選んでください。

お腹をカバーするというぺプラムは
小柄な女性の場合、逆に視線をそこに
集中させてしまうので、手を出さない方が無難です。

また色はボトムスと同系色の色を選んで、統一感を出しましょう。

靴もボトムスや肌の色に合わせたヒールのあるタイプがいいでしょう。

2.ボトムスはボリュームを抑える

「縦長」「コンパクト」というキーワードが
何度も出てきましたが、小柄な女性はボトムスもやはり
ボリュームを抑えた物を選んだほうが、よりすっきりとして見えます。

パンツなどは「おじさんライン」のだぶっとした
タイプの物を選んでしまうと、子供っぽく見られてしまい
「小柄な女性の可愛らしさ」とはまったく違う印象を与えてしまいます。

パンツでいえば細身のすっきりしたラインのものがベストです。

そういった意味では今流行りのガウチョパンツも難しいアイテムです。

流行だし着てみたいという気もしますが、長さやボリュームなどの
バランスをよくチェックして
トライしないと、ガウチョパンツだけが悪目立ちしてしまいます。

スカートは先ほどあげた通り、ボリュームの少ないタイプで
タイトスカート、あまり広がり過ぎない
フレアースカートで長さはショートか膝丈で
あくまでもすっきりとみせるということがポイントです。

またサロペットなどは視線を上にもって
いかせるアイテムなので、小柄な女性に合うスタイルです。

年齢的に無理がないと思えるならぜひ、トライしてみてください。

柄物には気をつけて洋服を選ぶ時のポイントに
デザインや素材、シルエットの他にも
色や柄もありますが、ここでも注意が必要です。

小柄な女性は大きなはっきりした柄のものは
なるべく避けた方がよいでしょう。

なぜなら大きな柄の物は全体の見た目にボリュームを
出してしまい、寸詰まりという印象を与えがちです。

柄もコンパクトに小花柄やドット、ストライプなど
すっきりして見えるものがよいでしょう。

また、ボーダーも細いものなら悪くはないのですが、やはり縦長な
印象を与えるという観点でみると、ストライプの方がオススメです。

3.靴も小柄女性にとって重要なポイント

靴はもちろんヒールのあるものが望ましいのですが「足が痛くなる」
「ハイヒールは足元がおぼつかない」などという女性は
インソールタイプのスニーカーやローファー、スリッポンなどがオススメです。

また色もボトムスと同系色を選ぶと縦長の
Iラインを演出するので、色味はそろえるといいでしょう。

ヘアスタイルも「コンパクト」ここまで「コンパクト」
という言葉が出てくれば、当然ヘアスタイルも
コンパクトが重要なポイントとなります。

頭を小さく見せるためにショートカットが
オススメのスタイルですが、ロングヘアの方は
まとめ髪にするといいでしょう。

高い位置でお団子にするのも
視線を上にもっていく方法としてオススメします。

逆に髪を巻いて下ろすとボリュームが
出て頭が大きく見えてしまうので、避けた方が良いでしょう。

小柄な女性は「コンパクト」を意識すれば、おしゃれに
すっきりと着こなしを楽しむことができます。

小柄女性のファッションはサイズ感を合わせることが大切

サイズはしっかりあわせるようにしましょう。

面倒だからといってお直しをしないで着用していると、Iラインを
目指しているはずなのに、もっさりした印象になります。

手間暇をおしまず、すっきりと可愛らしい女子を目指しましょう。

 

お花レースが広がる

 

お花レースが広がる。
ナチュラルワンピース

お花レースが広がる

上半身のレースレイヤードが
ゆったり可愛く
気になる体系もカバー

サイドの紐リボンをキュッと結べば
ウエストも細く見えます♪

大人かわいい貴女の為の
ナチュラルワンピースです

詳細は⇒お花レースが広がる

 

 

お花レースをリボンで結んで♪
ふわふわロングカーディガン

ゆったり落ちるシルエット

優雅に靡く繊細なレースで縁取った。
アンティーク調オトナ暖かいロングカーディガン。

ゆったり落ちるシルエット女性らしいさをアップしてくれます

トレンドのノーボタンロングカーディガン
お手持ちのワンピースなどの上から、
さらりとアウターライクに着こなしたい一枚です。

詳細は⇒優雅に靡く繊細なレース