前後どちらで着てもOK!

 

前後どちらで着てもOK!

キラキラジップ×キラキラボタンがリッチな、ゆるピタワンピが登場。

 

生地は薄手で柔らかな肌触りのカットソー素材を使用。汗ばむ季節も快適です。

首周りは深めに開いた両Vネック仕様。胸元がチラりと見え、小顔効果もバツグン!

袖はボリュームのあるパフ袖で、フェミニンさをアピール。

裾部分は2枚仕立てで透け感を軽減。ブラウジングしても可愛くキマります。

スキニーパンツと合わせて大人っぽいスタイリングをしても、
ワンピース風に着てセクシーなスタイリングをしてもGOOD!

オンナっぽさをアピールでき、1枚で2通りの着方を楽しめる万能アイテムです。

ゆるピタワンピはココ

質の良い服を選ぼう

女性はいつでもファッションを楽しみたいもの。

そして周りの人にも好印象を与える服装をしたいですよね。

そこで今回は25歳の女性に適した服装のポイントをご紹介します。

1.モノトーンのお洋服を中心としたワードローブ作り
2.コーディネートに使うお洋服の色を3色に抑える
3.長く使えるものを買う
4.スカートの丈をひざ丈に
5.オンでもオフでも使えるアイテムを買う
6.シーンに応じた服装

1.モノトーンのお洋服を中心としたワードローブ作り

25歳になると、大学生のときに着ていたお洋服に抵抗が出てくる方も多いのではないでしょうか。

パステルカラーのお洋服や、ミニスカート、フリルや大きなリボンがついたお洋服。

いわゆるかわいいスタイルがだんだんできなくなってくるものです。

そこでオススメなのが、モノトーンのお洋服をそろえることです。

モノトーンのお洋服であれば、デザインがかわいいものでも大人っぽく着こなすことができます。

職場に着ていっても悪目立ちせず、上司受けも良いです。

何より、モノトーンのお洋服を中心にしていくと、30歳が近づいてきても着れるお洋服が多くなり、買い替えるコストも抑えることができます。

モノトーンの配色であれば、誰でも似合うので、コーディネートもしやすいです。

2.コーディネートに使うお洋服の色を3色に抑える

これはお洋服をバランスよく着こなす上で重要なポイントです。

4色以上の色を取り入れてしまうと、とてもバランスが悪く、派手な人に見られたり、趣味が悪い人に見られたりしてしまいます。

お洋服の色を3色に抑えることで、自然とおしゃれに見えるし、落ち着いた雰囲気に見せることができるので、仕事をまかされるようになってきた25歳の女性にはぜひ取り入れてほしいポイントです。

25歳はいかにバランスよくお洋服を着こなすかということにも目を向けていきたい年齢です。

3.長く使えるものを買う

大学生のときには、そのとき着たい服を買い、買い物の回数も多かったのではないでしょうか。

25歳になると、もっと先のことも考えた方が良くなります。

お洋服を選ぶときには、3年後も着られるかを視野に入れて買いましょう。

コートやジャケットなどのアウターは特に、ベーシックな色とデザインのもので、少し良いブランドのものを買うと良いでしょう。

25歳になりお給料も稼ぐようになったのですから、お洋服に投資することも大事です。

25歳になっても安物ばかり着ていたり、流行のものばかり買っていると、30歳になったとき着る服がなくて困ってしまいます。

質の良いものを長く着ることを意識しましょう。

4.スカートの丈をひざ丈に

大学生の頃は、ミニスカートだけ履いていたという方もいるのではないでしょうか。

カジュアル派の方は、ロングスカートしか履かなかった方もいるかもしれません。

25歳の女性に求められるのは、適度な若さと清潔感です。

そのため、ミニスカートやロングスカートで会社に行くのはNGです。

よくミニスカートを履いたOLさんを見かけますが、先輩受けはとても悪いと思った方が良いですよ。

大人の女性への階段を登る一歩として、スカートは膝丈を選びましょう。

若さも失われず、きちんと感もあるので、万人受けします。

誰に見られても恥ずかしくない格好をすることを心がけましょう。

5.オンでもオフでも使えるアイテムを買う

会社で着るお洋服と、私服が全く異なる場合もよくありますよね。

でも、会社用のお洋服と私服用のお洋服の両方を買っていたら、とても出費がかさんでしまいます。

そのため、どちらにも着られるお洋服を買うようにしましょう。

例えば、シンプルなIラインのワンピースが1枚あるととても便利です。

色はベーシックな黒か紺がとても使えますよ。

ジャケットやカーディガンを着ると会社仕様になり、ライダースやパーカーをはおれば私服仕様に変身してくれます。

オンでもオフでも着られるお洋服を買うと、クローゼットに余計なものをつめこまなくなるので、整理整頓上手にもなれます。

6.シーンに応じた服装

25歳になると、そのときどきのシーンに応じた服装が必要となります。

例えば、お客様や取引先に会う日は、ジャケットを着用する。

彼とデートのときには、ワンピースやタイトスカートで女性らしさをアピールするなど。

25歳にもなると、様々なイベントが発生しますよね。

目上の方や全く知らない人と出会う機会も多くなります。

そのシーンに応じた服装をすることを心がけて、誰からも好かれる25歳を目指しましょう。

ただし、その時々であまりにも異なる服装をしていると、信用できない人だと思われてしまいますので、あくまでも自分のスタイルのベースは作っておくのが鉄則です。

25歳に合った服装にしよう

25歳は学生気分も消えて、社会人として大人になる時期ですよね。

もう子供ではないので、いつまでも若い服装をするわけにはいきません。

仕事をする際にも、婚活をする際にも、服装はとても重要なポイントになってきます。

この春人気No.1のフィット

 

この春人気No.1のフィット&フレアワンピースが登場!

柔らかな生地感で裏地もついているので安心して着用OK。

 

 

襟ぐりがダイヤモンドカットなので、デコルテ美人になれますよ♪

フレアスカートが動くたびにふわっと軽やかに揺れ、女の子らしさを演出。

袖部分がレースのレイヤードになっていて更にキュートな印象に仕上がります。

大きなバッグリボン&袖口リボンで女の子の大好きが詰まったワンピースです!

レース靴下+ヒールパンプスを合わせるとフェミニンな女の子コーデの完成。

この春、絶対に押さえたいアイテム。

 

フレアワンピースはココ

 

大人気のロリータパンプスと同じ足型だから、履き心地がバツグンです。

生地は柔らかなスムース素材を使用し、上品で高級感のある仕上がりに。

ヒールは5cmと低めだから、長時間歩きやすいのが嬉しい♪

さらに内側にファスナーが付いているので、脱ぎ履きが楽チンです。

大底は滑りにくく磨り減りにくい素材だから、とっても歩きやすいのがポイント。

サイズは小さめ~大きめまで対応した、22cm~25.5cmの8サイズ展開。

ガーリーカジュアルからロリィタまで、女の子らしい
ファッションに欠かせない1足です♪

 

 

シンプルデザインのおでこブーツはココ

総レースでラグジュアリー感溢れる

 

背中のシフォンリボンがアクセント♪

総レースでラグジュアリー感溢れるフレアワンピが登場!

生地は適度な透け感を楽しめるレース素材でセクシーさを演出。

身頃には厚手のポンチ素材を重ね、1枚で着やすいように仕上げています。

ウエストはややハイウエスト仕様だから、細見せ&脚長効果もバツグン!

さらに前後Vネックなので顔周りが
すっきりと見え、デコルテの大胆な肌見せで女らしさをアピール。

またフレアシルエットなので、歩くたびにふんわりと
揺れフェミニンな雰囲気が漂います。

ワンピースで着るのはもちろん、さらりとカーディガンを
羽織れば上品なエレガントコーデの完成♪

ちょっとしたお出かけや彼とのデートにもピッタリなワザありの1枚です。

 

 

総レースでラグジュアリー感溢れるフレアワンピはココ

レースアップでフェミニンなふんわりワンピがお目見え

首周りにたっぷりとあしらったスタッズストーンが魅力的

レースアップでフェミニンなふんわりワンピがお目見え。

生地は柔らかくて透け感を楽しめるシフォン素材を使用。

さらりとした着心地で汗ばむ季節も快適です。

首元は大胆に開いたVネック仕様。

顔周りがすっきりと見え、胸元がちらりと見えるのがポイント♪

さらにウエストの切替位置が高めなので
ハイウエストに見え、脚長効果が期待できます。

裾部分にはレースを付け、ラグジュアリーなエッセンスをプラスしました。

ヒールパンプスと合わせて上品なコーデをしても、中に
ワイドパンツを合わせてこなれ感のあるコーデをしても◎。

デイリーからちょっとしたお呼ばれまで使える、優秀アイテムです。

 

 

 

レースアップでフェミニンなふんわりワンピはココ

ふわふわチュールに思わずときめく

 

ふわふわチュールに思わずときめく
下に隠れた小花柄が可愛いチュールスカート

乙女チックな花柄スカートを
ふわふわなチュールで包み込んで
思いっきりガーリースタイルに仕上げました♪

ボリューミーなチュールのシルエットは
まるで夢見るお姫様…
中に隠れたコットンの花柄生地は
可憐な乙女模様で、可愛らしさも忘れない。

幅の広いウエストにはレースとパールのボタンがキラリ♪
トップスをインして目立たせてみてもGOOD!

さらにウエストの後ろはゴムになっているので
履きやすさも抜群です。

シンプルなブラウスに合わせてみたり、
ワンピースの下からチュールをのぞかせたり…

着回しも楽しめちゃうのがチュールスカートのポイント。

いつもの気分がふわっと上がっちゃいそうな
とびきりガーリーなスカートで
乙女スタイルを楽しんで

可愛いチュールスカートはココ

 

シアータイツはストッキングとなにが違うの?

女性の人であれば、ストッキングは普段の生活の中で
とても需要があり、仕事はもちろんプライベートでも
着用している時が多いでしょう。

しかし、今シアータイツというものが流行っていて、
ストッキングはもう古いといった雰囲気も出てきています。

ではこのシアータイツはストッキングとなにが違うのか?

今回はそんなシアータイツの概要とストッキングとの違いについてご紹介します。

1.シアータイツは透けて見えるタイツ
2.ストッキングとの違いは履いていることが分かること
3.シアータイツの種類
4.シアータイツとストッキングではコーディネートにも違いが出てくる
5.価格の違い

シアータイツとストッキングとの違いを知ろう

1.シアータイツは透けて見えるタイツ

タイツと聞くとなんとなく厚手なものをイメージしますよね。

タイツなどの種類では厚みなどを表す時、デニールというもので
表しますが、冬場に履くタイツは100デニールであればかなり厚手で素足は全く見せません。

80デニールだとうっすら見える程度、60デニールだと少々素足が透けて見えます。

そうした中でシアータイツの一般的な認識としては
20デニール程度のもので、20デニールだと素足は
見えますが、着用しているのはわかるといったような見栄えです。

シアータイツの「シアー」というのは透けているという意味合いです。

透けてはいるが履いているとわかる、要は履いているのを敢えて
見せつつ透け感も併せ持っているといったアイテムとなります。

春には大活躍しそうなアイテムです。

ヨーロッパから流れてきたようで、流行をいち早く
つかむ若者の間で人気になりつつあります。

2.ストッキングとの違いは履いていることが分かること

ストッキングとの違いは、ストッキングは素足に馴染んで、履いているのか
履いていないのかわからないようなものもたくさんあります。

美脚アピールではその素足感がありながらとてもキレイな生足に見える光沢もあります。

一方、シアータイツは、透け感はあるものの履いているのがわかります。

素材的にはそんなに違いがなく、ストッキングとなにが違うの?と問われても難しい境界線です。

厚みは20デニール程度のものからシアータイツだと
認識している人が多く、ストッキングもその厚みがあるものは存在します。

とすると、ストッキングの中でも20デニール程度である場合は、シアータイツと
呼ばれても不思議ではないという見解になりますね。

ファッション性ではシアータイツと呼ばれるものの方がバリエーションが多く、仕事場等では
不向きではありますが、プライベートでは大活躍しそうなものが多くあります。

今まで全般的にストッキングと呼んでいましたが、厚みや透け感によっては
ストッキングなのかシアータイツなのかを分別する必要が出てきますね。

3.シアータイツの種類

シアータイツには、カラーももちろん豊富にありますが、デザインも豊富です。

ストッキングだと網やドット、レースなども多少ありましたが、似たり寄ったりが現状です。

しかし、このシアータイツはワンポイント、全体的な柄など色々な種類があり、更にカラーがあるのが良いですね。

ストッキングでカラーというと定番はベージュかブラックです。

その他のカラーだと厚みがあるタイツになり、以前大流行した
カラータイツの部類になるので、ストッキングのカラーバリエーションはほとんどないイメージです。

カラータイツが凄く薄くなったのがシアータイツと言っても過言ではありません。

カラーによっては春とかだけでなく、季節を問わず使いまわすことができます。

ストッキングより需要が多くなりそうですね。

4.シアータイツとストッキングではコーディネートにも違いが出てくる

シアータイツとストッキングではコーディネートにも違いが出てきます。

ストッキングでは少し地味だったり、大人な雰囲気ですが、シアータイツであれば、カラーものを
持ってくれば足元も華やかになり、ミニスカートやショートパンツを合わせればキュートになります。

また、柄物はそのデザインによって魅せる事を意識すると良いですね。

透けているのにカラーも映える、全体的に明るい雰囲気になります。

秋や冬場は少し暗めのカラーをチョイスするとシックに決まりますし、厚みもストッキングより
厚みはあるので寒さ的にも多少違いがあります。

逆に明るめのカラーをチョイスすれば、元気や明るさ、ポップさを表現できます。

5.価格の違い

ストッキングとシアータイツは価格面は違いはほとんどありません。

簡単に言うとストッキングが少し派手になり、厚みが少しあるだけなので、そんなに大差はありません。

しかし、あまりに凝ったデザインだったりすると多少は価格が上がる商品もあるでしょう。

これはストッキングにも言えることなので、一般的な展開のものであれば
そんなに高価な商品といった事はありません。

シアータイツとストッキングとの違いを知ろう

シアータイツとストッキングとの違いは、簡単にまとめてしまえば
ストッキングより少し派手なものがあり、厚みが少しだけある点です。

履き心地などはストッキングと同じようなもの。

今までストッキングと呼んできたものの中にももしかしたら、今で言うシアータイツというものはあったでしょう。

若者は情報をキャッチするのがとても早いので既に流行り始めているので、仕事場等では
カラーやデザインによっては不可なものもありますが、プライベートでは大活躍するアイテムです。

今までストッキングで春や秋といった少し肌寒い時期を過ごしていたのであれば、ストッキングより
少し厚みのある、デザインカラー豊富なシアータイツに乗り換えてオシャレを楽しむのも良いかもしれませんね。

寒い季節の冷え対策にはタイツやストッキングが必須ですよね。

足の防寒で体感温度はけっこう変わってくるものです。

でも、そんな時に困るのが、靴との相性。

タイツやストッキングを履いていると、靴の中で足が滑ってしまったり、
歩いているうちに靴が脱げてしまうことも。

スニーカーのように足全体をすっぽり包んでくれるものなら安心ですが、
カジュアルOKの場ばかりではないし、やっぱりパンプスを履く機会は多いもの。

ここではそんな時に役立つ「タイツ着用で
パンプスを履くと脱げてしまう時の対処法」をご紹介します。

1.シューズバンドを使う
2.中敷きを敷く
3.かかと用クッションを付ける
4.ストラップ付きのパンプスを選ぶ
5.滑り止め付きのタイツやストッキングを選ぶ

1.シューズバンドを使う

足の甲から靴の底までを巻いて止める「シューズバンド」を使う方法です。

足と靴が固定されることで、脱げを防止してくれます。

また、サイズの大きいパンプス等がパカパカするのも防いでくれるため、
歩きやすくなる効果もあります。

今はシューズバンドにもいろいろなデザインのものが出ているので、
色や素材等、靴や洋服に合わせてコーディネートし、
オシャレを楽しむことができます。

2.中敷きを敷く

タイツ等を着用すると靴が脱げやすくなる原因は、
足が前滑りしてしまい、かかと部分に隙間ができるため。
それを防いでくれるのが「中敷き」です。

中敷きには靴のサイズ調整効果のほか、
滑り止めの役割を果たすものが多くあります。

靴の底全体に敷くタイプや、つま先部分に張り付けるタイプ等、
いくつか種類はありますが、中敷きを敷くことで、
パンプスの中で足が滑ることを防ぎ、脱げ防止にもつながるのです。

3.かかと用クッションを付ける

中敷きの一種として取り扱われることもありますが、
かかと部分に張り付け、靴のサイズ調整をしたり、
靴擦れを防止するクッションタイプのものになります。

かかと部分に隙間ができるのを防ぎ、
滑り止め効果もあるものを選べば、靴脱げ防止にもなります。

4.ストラップ付きのパンプスを選ぶ

パンプスを選ぶ際に、ストラップ付きのものを選ぶのも、
靴脱げ対策の有効な手段。

足の甲やくるぶしで足と靴が固定され、靴脱げを予防してくれます。

元々はストラップの付いていない靴でも、
ストラップ付きの物にリメイクしてくれるお店もあるようです。

靴脱げに困っている靴があればチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

5.滑り止め付きのタイツやストッキングを選ぶ

中敷き等での滑り止め対策のほか、
タイツやストッキングの方に滑り止めがついたものを選ぶというのも方法の一つ。

得られる効果は中敷き対応と同様ですが、お店等に靴を脱いであがり、
フローリング等の滑りやすいところを歩く時にも、
滑り止めが効果を発揮するという利点があります。

タイツやストッキングは寒さ対策のみにとどまらず、
寒い季節に楽しめるオシャレでもあります。

でも、せっかくおしゃれに決めても、
歩くたび足がずりずり前滑りしていたり、
靴が脱げてしまったりしては台無し。

あらかじめ靴脱げ防止の対策を取っておくことで、
安心してタイツやストッキングを選択することもできますよね。

靴脱げ防止グッズは、靴屋さんやホームセンター、デパート、通販等など、
いろいろなところで取り扱いがあるので、
自分にあったグッズを取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。

キレイめ女子はいつの時代でも注目の的

キレイめ女子はいつの時代でも注目の的です。

これは異性からだけでなく、同性からも憧れのまなざしで見られます。

そんな女性になるために、キレイめファッションのブランドについてご紹介します。

1.ジャスグリッティー
2.エムプルミエ
3.アナイ
4.セオリー
5.ダイアンフォンファステンバーグ

キレイなファッションスタイルを身につけよう

1.ジャスグリッティー

マルイなどに店舗を構えているジャスグリッティーです。

エビちゃんがモデルを務める姉キャンでも、よく紹介されるような
キレイめファッションの代表的なブランドです。

パステルカラーを始め、ニットやスカートなどは色の
バリエーションが多いため、数多くある色のなかから好きなものを選び出すことができるでしょう。

ここのブランドの洋服はキレイであり、かわいらしいものが多いです。

男性受けもよいので、飲み会やパーティーなどの機会がある時などに活用できるブランドです。

ワンピースやスカートのスタイルが多く、品がある
デザインのものが多いため、あまり好き嫌いは出ないでしょう。

スカートやニットなどはだいたい1万円から
2万円の間くらいになるので、比較的手が出しやすい値段なのではないでしょうか。

2.エムプルミエ

これは、関西の方で誕生したブランドのようですので、関東ではお店が限られています。

例えば新宿の伊勢丹や池袋の西武など、店舗数は少なめになります。

時代に左右されることが無いデザイン、色が多く、
1度購入したものは、比較的長く着ることができるでしょう。

いわゆるお嬢様ファッションですので、特に男性受けがいいでしょう。

特に黒やベージュのワンピースはさまざまな場面で使える
デザインが多く、清楚なお嬢様へと変身させてくれるでしょう。

10代の人よりも20代、30代の女性にオススメしたいシンプルなファッションブランドです。

ただ、少しお値段が高めになるので、そこがネックですが、飽きが来ない
デザインで長持ちすると考えれば、納得できる範囲です。

また、小柄な女性に合わせたストロベリーサイズの
展開もありますので、日ごろからサイズでお困りの方も必見のブランドです。

3.アナイ

20代半ば以降のOLを主なターゲットにしているブランドです。

華美になり過ぎない、でも地味ではない、何とも言えないセンスの良さがあるブランドです。

こちらもあまり好き嫌いが分かれない、シンプルな洋服がメインになります。

シンプルではありますが、品があり、男性だけでなく同性からも好感をもたれるようなファッションになります。

ただ、パーティ用の洋服というよりかは、通勤服に適したブランドととらえた方がよいでしょう。

通勤服をキレイに着こなしたい人にオススメのブランドといえます。

4.セオリー

セオリーはアメリカのブランドです。

カジュアルなものからキレイめめなものまで幅広く取り扱っています。

また、パンツやスカートなどサイズも豊富で、自分に合ったサイズを選ぶことができるでしょう。

そして形や色がとてもシンプルですが、品があるファッションスタイルにしたいときはオススメです。

生地も丈夫で着心地も良いので、長く使うことができるでしょう。

ただ、こちらもお値段がやや高いものになりますが、最近はアウトレットなどにもたくさん商品が出ていますので、アウトレットで購入するとお得な価格でゲットすることができます。

また、アウトレットでもかなり多くのサイズや商品を取り扱っているので、デパートに行く前に、アウトレットをのぞいてみても良いでしょう。

アウトレットでは、50%オフくらいまで下がるのでう必見です。

5.ダイアンフォンファステンバーグ

ここは主にワンピースを取り扱っているブランドで、アメリカのニューヨークで誕生したブランドです。

大きな柄のワンピースが有名ですが、柄が入っていないシンプルなワンピースも数多く取り扱っています。

お値段が1着5万円くらいになり、やや高いのでパーティーや特別な日に着るようなブランドです。

どれもとてもセンスがよく、またスタイルがよく見えるのもこのブランドの特徴です。

体型が気になりだした方はとくにオススメです。

ラップワンピースなどはとても細身に見せてくれるマジックがありますので、ぜひ試してみてください。
また、黒やネイビーなどのシンプルなものであれば、普段着ていても何の違和感もありませんので、何かの機会にぜひ試着されてみてはいかがでしょうか。

キレイなファッションスタイルを身につけよう

キレイなファッションスタイルを心がけることはとても大切です。

もちろんおしゃれは自分のためにするものですが、人に見せる、ということも意識をすると格段とキレイなスタイルになるでしょう。

異性・同性、どちらからも憧れの的になるようなファッションを楽しんでいきましょう。

スカートの上手な洗い方は?

 

スカートは丈が長くなるにつれて他の洗濯物と
絡まりやすくなってきますし、素材によっては
どう洗っていいかわからないものもあります。

面倒くさいからと全部まとめて洗濯機に入れてしまっていませんか?

上手に洗濯をするための方法についてご紹介します。

1.スカートのタグを見る
2.シミや汚れがないか確認する
3.普通に洗濯機で洗う
4.弱水流モードで洗う
5.手洗いで洗う

スマートを上手に洗って長持ちさせよう

1.スカートのタグを見る

普通、洋服の裏側にはタグがついています。

スカートですと、腰よりすこし下のあたりで、四角い形をしています。

そこにはサイズなどといっしょに洗濯に関する
表示が書いてありますので、まず洗濯機で洗える服なのかどうか確かめましょう。

表示は記号で書いてありますので、どのような意味を持っているか調べておきましょう。

例えば、洗濯機で40度以下、アイロンは布を当てて、など何種類か書いてあります。

もし、タグを切ってしまっていてどうすればよいかわからない場合は
とりあえず生地を確認し、特別なものであればクリーニングに出すほうが良いでしょう。

洋服を買った後はタグを切らないで残しておくようにしましょう。

2.シミや汚れがないか確認する

スカートにシミや汚れがないか確認してください。

雨の日についた泥や、食べこぼしたソースなどがある場合には
洗濯を始める前にその部分の汚れを落としておくようにしましょう。

油汚れかどうかで使うものが変わってきます。

その部分の生地をつまみ、洗剤を使って落としていきましょう。

中には、塗って洗濯機に入れれば良いものもありますので
洗剤の使い方などは確認してください。

一度洗って乾かして、アイロンをかけてしまうと汚れが
落ちなくなってしまいますので、こういった汚れは先に必ずチェックしてください。

できれば汚れがついた直後に対処しておくと後で苦労しなくて済みます。

強い洗剤を使う場合には目立たないところで
色落ちしないか確かめてから使うようにしましょう。

3.普通に洗濯機で洗う

生地によって洗濯機で
洗えないものがありますので、表示に従ってください。

洗濯機でスカートを洗う場合には
そのまま入れてしまうと他の洗濯物と絡まってしまいます。

無理に引っ張ってしまうと生地をいためる恐れが
ありますので丁寧に畳んでネットに入れたほうが無難です。

正面に折り目がつかないように畳んでください。

裾は長さに応じて2~3回くらいで畳めると良いです。

フレアスカートはすそがかさばるので、まず広がった
裾を内側に折りこむとうまく畳めます。

白い色や淡い色のスカートは色が移らないように
他の洗濯物と分けて洗うようにしましょう。

特にスカートの裏地は破けやすいので扱いに気を付けましょう。

洗剤は、生地の種類によって
おしゃれ着用のものを使うなど適宜工夫してください。

どの洗剤を使うかは箱や容器に
書いてある指示に従うようにしましょう。

4.弱水流モードで洗う

洗濯機には、水流の弱いモードや
コースで洗ってくれる機能がついていることがあります。

そのような洗濯に適しているかどうかはタグで確認してください。

弱という文字があるものは大丈夫です。

同じように洗剤を入れて、洗濯機を回します。

弱水流モードは普通の洗濯モードに
比べて洗う時間が短く、たくさんの水ですすいでくれます。

脱水の時間も短めです。

弱水流であれば大丈夫だからといって
たくさん他の洗濯物を入れて洗わないようにしましょう。

他の洗濯物とスカートがこすれてしまいます。

5.手洗いで洗う

長いスカートの中には薄く柔らかい生地のものもあります。

こういった特別なものは洗濯機を使うより手洗いで洗ったほうが安心です。

スカートのタグに書いてある洗濯表示に従って水またはお湯を用意します。

たらいやバケツのようなものを用意します。

清潔なものを使ってください。

もしなければ、洗面所に栓をして水をためても良いでしょう。

あらかじめ掃除をすませておくことをおススメします。

水がたまったら洗剤を入れて溶かしておきましょう。

柔軟剤なども好みで入れましょう。

丁寧にたたんだスカートをネットに入れて、ネットごと
水の中に入れ、手でネットを沈めるようにして洗います。

あまり水が得意ではないものはいつまでも水につけておかないようにしましょう。

5分くらいが目安です。

そうしたら、ネットごと洗濯機に入れて脱水だけ
1分ほどかけるか、ためた水を抜いてネットの上から
スカートを押して軽く水分をとるようにします。

薄い生地はこすれに弱いので優しく行ってください。

スマートを上手に洗って長持ちさせよう

どう洗っていいかわからないスカートはまずタグを
見るようにして、洗濯する方法に従って洗うようにしましょう。

面倒なようですがこのひと手間で生地を
破いてしまったり、変性させてしまったりするトラブルから守ることができます。

今は色々な香りのついた洗剤も多く販売されていますが、自分の
スカートの生地には使っても良いかどうか確認するくせがつくといいですね。

すばらしいスカートライフを楽しんでください。

 

 

 

 

上品可憐なチェック広がるフレアスカートはココ

 

 

ファストファッションの違いとは?

ファストファッションが日本国内のどのエリアでも手軽に購入できるようになりましたね。

その中でも特にH&M、ユニクロ、ZARAの三社の製品は誰もが1枚は所有していると言ってよい程、私たちの生活に浸透しています。

今回はこの3社のブランドの成り立ちや製品の性格の違いについてご紹介します。

1.H&M
2.ユニクロ
3.ZARA
4.各社の製品の傾向
H&M・ユニクロ・ZARAの違いを知ろう

1.H&M

まず初めに北欧の誇るデザイン王国スウェーデンのH&Mからみていきましょう。

H&Mは元々スウェーデンの田舎町で1947年に創業した婦人服の店が始まりだったのですが、少しづつアウトドア製品や
メンズ衣料品の会社と統合しながら今日まで会社規模を拡大し続け、日本では2008年に最初の店がオープンしました。

製品はレディスのみならずベビー服マタニティ服からメンズラインまですべてが揃っており、毎日使える
下着やキャミソール等の定番商品ラインから会社への通勤やおよばれにも使える華やかなライン、オフの日のアウトドアにも活用できるH&MDENIMなど実に幅広く展開されています。

「最良のファッションを最良の価格で」というスローガンを掲げ、およそ500円台から2万円台程度の個々の消費者が納得できるお手頃な価格帯設定がなされています。

また世界中多くの国と地域に出店している為、誰でもファッションを楽しめるようにとサイズや色味も他のメーカーに比して豊富です。

2.ユニクロ

次に日本の誇るファストファッションブランドのユニクロについて見てみましょう。

1984年に山口県で創業したユニクロは、当初アメリカンクラシック風の店舗でユニセックスな衣料品を扱う店舗としてスタートしました。

しかし時が流れた1997年ごろにGAPをモデルとしてプライベートブランドの製品を
自社生産する方向へ転換し、フリースをはじめとする日本の風土に合った日常衣料品を低価格高品質で世に送り出すようになりました。

ファーストリテイリングに買収されて国際化した現在においてもヒートテックやブラトップなど
独自の機能的なアパレル商品を生み出す点において、他のファストファッション企業よりも長けていると言えます。

価格帯は過去10年で値上がり傾向にあり、最近では2,000円前後の商品が増えました。

しかし1店舗に誰もが使える基本のアイテムが揃っており、且つ駅ナカの出店も多いので、社会人の方にとっては無くてはならないブランドであると言えます。

3.ZARA

では、スペイン発のブランドZARAはどうでしょうか。

1975年にスペインで生まれたZARAは、スペインのアパレル業界に革命を起こしたメーカーであると言っても過言ではありません。

それまでは専門店がアパレル小売形態の中心だったスペインにおいて、レディスキッズメンズのすべての
ラインの衣料品を1店舗で販売しただけでなく、後に他のファストファッションブランドの手本となる
サプライチェーン方式をとることによってデザイン縫製店舗への輸送、販売までをも自社で一括管理するモデルを構築しました。

他のブランドよりもデザイン業務に従事するスタッフ数が多く、製品の素材品質や
デザインなどに重点を置いている為、百貨店で扱いのある一流ブランドばりのデザインの洋服を安価で楽しめる点に特徴があります。

商品価格帯は他のブランドよりも若干高価ではありますが、毎日のファッションをより上質でオシャレに仕上げる為のアクセントとして投入する人も多くなります。

4.各社の製品の傾向

最後にこれまでまとめてきた3社の製品の傾向についてより具体的に見ていきましょう。

縫製や商品管理については、やはりユニクロが群を抜いていると言っても差し支えないでしょう。

特に他の2社よりも在庫を清潔かつ丁寧に扱っており、汚れやしわ等の心配はあまりありません。

購入してすぐに着用しなければならないものがある場合であっても安心して袖を通すことが出来ます。

次に返品や試着などのサービスについてみていくと、H&Mのサービスが大変便利だと言えます。

特に返品についてはタグのついた状態の実商品とレシートさえあれば下着以外は全国どこの店舗でも
30日間受け付けてくれる為、気になる服を一旦自宅まで持ち帰り、手持ちの洋服と合わせてみてから活用を決めることも出来ます。

また急なおよばれの予定が入ったときに便利なのがZARAでしょう。

靴から鞄に至るまで全てにおいて落ち着いたデザイン高品質な製品が多く、パーティ会場の多い街中に店舗がある為予定の直前でも手早く身支度を整える事が可能です。

H&M・ユニクロ・ZARAの違いを知ろう

代表的なファストファッションブランドについてまとめてみました。

それぞれの会社の歴史や成り立ちを見てみると、それぞれのブランドごとに独自の特徴があるのがわかりますね。

これらの特徴を抑えておけば、あなたの日々のワードローブをよりファッショナブルで楽しいものにするのに一役買ってくれることでしょう。

 

 

 

 

広がる白音のプリーツはココ