お洒落さん必見の大人Girlieなワンピース

 

贅沢フリルと胸元のリボンがcuteでGirlie♪
お洒落さん必見の大人Girlieなワンピース

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%81%a8%e8%83%b8%e5%85%83%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3

首元とお袖の部分にはフリルを贅沢に
胸元の2つのリボンは大人Girlieを引き立てるワンポイント!

お袖の部分にキラリと光る美珠のボタンは
ひっそりとワンピースの上品さの引き立て役です。

バックには着やすいようにファスナーが付いていて
ウエストの部分にゴムが入っているので、安心してお召いただけます。

いつもと違う大人Girlieなコーデピッタリの一枚!

ペチスカートを履いていただくとレースがチラ見えして
もっと大人可愛くコーデができちゃいます♪
cuteで大人Girlieなコーデに挑戦してみませんか?

お洒落さん必見の大人Girlieなワンピースはココ

 

 

 

ボディラインを綺麗に魅せてくれる

 

ジャスミンの香り揺らぐ
華やかなジュエルドレスワンピース

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e8%a1%a3%e8%a3%85

サテンの艶やかでさらりとした肌触りに
裾のタッセルフリルが上品なデザイン

胸元の大きめビジューがとってもラグジュアリー♪

アラビアンナイトの世界にいる
芯の強い女性らしい色合い

袖のシフォンがふんわりとたゆむシルエットが
より雰囲気のあるワンピース

ウエスト切替のフリルデザインが
ボディラインを綺麗に魅せてくれるポイント

普段使いからパーティシーンまで
幅広く使える存在感のあるアイテムです★

ボディラインを綺麗に魅せてくれるワンピースはココ

 

 

秋服をオシャレに着よう。トレンドに乗った秋服を着るコツ

秋服をオシャレに着るためには、旬なトレンドアイテム、秋カラーを意識してコーデすることが大事です。

今年らしさをさりげなく取り入れた着こなしをしてオシャレを楽しんじゃいましょう。

秋服をオシャレに着るコツをご紹介します。

1.ハイネックデザイン
2.トレンドの秋カラーをおさえる
3.スエード調アイテムで秋らしく
4.ベロア調も大注目
5.サイドゴアブーツ
6.ハットならベレー帽
7.パンツならワイドパンツ
8.ニットアイテムはマスト

秋服をオシャレに着てみよう

1.ハイネックデザイン

初秋から熱い支持を得ているのがハイネックデザインのトップスです。

首が詰まっているデザインはずっとトレンドなのですが、秋はさらにハイネックがオシャレです。

クルーネックやVネックのトップスはやめておいて、ハイネックデザインを選んでみましょう。

それだけで今年らしい秋のオシャレをしていることがわかります。

2.トレンドの秋カラーをおさえる

色は季節感を表すのにとても大事なポイントです。

今年は赤がトレンドなので、秋らしいボルドーはマストなカラーです。

ボルドーのトップスなら、ボトムスは黒、ベージュ、グレー、ネイビー、ブラウン、カーキ、白など色々な色とあわせやすいです。

ぜひ手に入れたい色ですね。

ボルドーの他には、キャメル、ベージュ、グレー、カーキ、マスタードなどが秋らしい色でオススメです。

全身が黒やグレーなどになってしまうと、秋らしさが楽しめないので、上手に秋らしい色をコーデに取り入れてみましょう。

そういう意味でも差し色にもなってくれるボルドーは使える色です。

3.スエード調アイテムで秋らしく

季節感のある素材の服を選ぶことがオシャレでは大事になってきます。

秋なのに全身コットン、あるいはリネンなど着ていては季節感がありません。

今季、秋ならではの素材で人気があるのはスエード調です。

本物のスエードでも、スエード調の素材でもOKです。

トップス、スカート、ワンピース、パンツ、アウター、靴、バッグなど、色々なファッションアイテムでスエード調はでています。

どれか一つ、スエード調のアイテムを取り入れてみると、秋らしい雰囲気とトレンド感をONできます。

4.ベロア調も大注目

ベロア調の素材もこの秋はとても注目されています。

どこかクラシックで品があるので女性らしく着こなしてみるといいでしょう。

トップス、ボトムス、アウターなどで取り入れてみると秋らしい雰囲気のコーデが楽しめます。

無地はもちろん、柄入りで華やかな着こなしにしてみてもいいですね。

5.サイドゴアブーツ

秋になるとショートブーツが履きたくなりますよね。

いつまでもサンダルを履いていては笑われてしまいます。

足元はオシャレの大事なポイントです。

人気のショートブーツのアイテムはサイドゴアブーツです。

履きやすく、カジュアルにもキレイめなファッションにもあわせやすいのでオススメです。

黒なら大人っぽく、ブラウンやベージュならより秋らしく女性らしいコーデにもあわせやすいでしょう。

素材もレザーだけではなくスエードなど、色々なタイプから選べます。

フラットタイプのほかに、ヒールが高いタイプも出ているので、ヒールがある靴がある方でも安心して履けます。

6.ハットならベレー帽

今年らしい帽子ならベレー帽がオススメです。

トレンドのキャスケットもかぶっているひとがいますが、コーデを選ばないところがベレー帽の良さです。

帽子初心者や、普段あまり帽子をかぶることがないひとは、ベレー帽を選んでみるといいでしょう。

色は黒、グレー、ベージュなど、いろいろ選べます。

ベレー帽をかぶるだけで今年らしいオシャレをしているのがわかるのでとてもオススメなこの秋のトレンドアイテム。

7.パンツならワイドパンツ

夏に流行ったスカンツも、秋はワイドパンツにチェンジしてみましょう。

ゆるっとした素材の女性らしいワイドパンツがトレンドです。

女性らしいニットやとろみブラウス、ボータイブラウスなどのトップスを選べばフェミニンに、カジュアルなスウェットやGジャン、スタジャンをあわせればカジュアルに着こなせます。

足元もスニーカーやパンプスなど、靴を変えるだけで雰囲気を変えて楽しめますよ。

デニムのワイドパンツもトレンドなので、カジュアル派はワイドデニムパンツもオススメです。

シンプルなカットソーやニットをあわせるだけでもトレンド感のある秋ファッションになります。

カットオフのタイプはよりトレンド感があります。

8.ニットアイテムはマスト

秋はいちはやくニットアイテムを取り入れたいですね。

今年らしいのはハイネックのノースリーブニットやニットベストです。

去年のクルーネックとVネックとは違うハイネック部分がポイントです。

人気のニットはすぐに売り切れてしまうので秋はチェックしておかなければいけません。

秋服をオシャレに着てみよう

秋服をオシャレに着るコツは秋のトレンドをきちんとおさえてアイテム選びをすることが大事になってきます。

アイテム選びさえ間違えなければオシャレに見える秋ファッションをすることができます。

どんなコーデをしたいのかを考えておくと無駄のない
お買い物ができ、コーデを組む時もスムーズにできます。

 

 

 

 

 

胸元のリボンが可愛いシフォン

 

洗濯方法としては、シフォンブラウスに限らず、ほとんどのシフォン素材に
言える事なのですが、天然素材が多く繊細なのでなるべく手洗いすることをお勧めします。

それに、シフォンブラウスなどのシフォン素材を着ている時に、
雨などで濡れてしまった時には早めに洗濯をするようにして下さい。

シフォン素材は摩擦(特に湿った状態での摩擦)や
汗や雨などで濡れた時は他の衣料や下着に
色が移ることがありますので注意して下さいね。

[洗濯方法]
濃色と白・淡色は分けて、蛍光増白剤の入っていない洗剤を使って下さい。
(蛍光増白剤入りのものを使用すると色落ちもすることもあります。)

*洗濯後は形を整えて、直射日光は避け風通しの良い場所で陰干しにして下さい。

くれぐれもスチームアイロンの使用や乾燥機の使用は避けて下さい。
(直射日光や蛍光灯の照射で色が変化することがあります。)

因みに、私はシフォン素材のトップスやブラウス・ワンピースを洗濯の時には、
チョッと雑なようですが中性洗剤で、
洗濯ネットに入れ洗濯機で洗っていますが、今でも重宝して着ていますよ。

[保管方法]
どうしてもシフォン素材は デリケートな特徴を持っているので、
最初は取扱いが難しいと思われるかも知れませんが、大切に扱うことで結構長い期間愛用できると思います。

しわ加工されているシフォン素材のトップスやスカートなどは、しわをキープするために丸めて収納してみて下さい。

でも、逆にフリルやレース・刺繍のあるシフォンブラウス・ワンピース・スカートなどに
シワが入ってしまった場合、シワを消すのに自分でスチームアイロンをかけてしまうと、
フリルの花の形などを変えてしまうこともあるので、クリーニング店に出すようにして下さいね。

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e4%b9%99%e5%a5%b3%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%87%ba%e3%81%8b%e3%81%91

シフォン×コーデュロイのドッキングワンピースはココ

 

 

 

 

 

エンジェル・スリーブは今っぽい

 

CLASSICALワンピース。
お花に囲まれたお屋敷に住むお嬢様のコレクション

エンジェル・スリーブは今っぽい

エンジェル・スリーブは今っぽい!
森色なので、インナーは白レーストップス、
シフォンブラウスと合わせれば
簡単にコーデできます。

スカートに繊細なお花、
蝶々のレースはFavoriteしか出会えない☆
裾のフリルは可愛さを一匙プラス
コーデによって夏でも、秋でも着こなせる一枚です♪

詳細は⇒お花に囲まれたお屋敷

 

 

お嬢様気分♪

ストライプクラシカルリボンワンピース

可愛いお嬢様

胸元の小ぶりなリボンがお嬢様っぽい♪

マキシの存在感と斜めなストライプが
上品さと知的な乙女の雰囲気を惹きたてます

しっかりとしたやや厚手のコットン生地
ロングシャツのようなデザイン
パールボタンでラグジュアリーな印象にグレードアップ

可愛いお嬢様☆
ペチスカートや小物でコーディネートを
より惹きたててくれるでしょう。

詳細は⇒可愛いお嬢様☆

 

 

 

タックフリル装飾木製ボタン

 

タックフリル装飾木製ボタン♪
ナチュラルリネン風サマーイノセントワンピース♪

胸元から膝までの木製ボタン

バスター・ブラウン・カラーが可愛い。
ブルーグレーとホワイトの組み合わせはイノセントな色です♪

胸元から膝までの木製ボタンはFavorite流の特別デザイン☆
しっかりリネン風コットン生地は着心地優しい♪

後ろ帯で着脱らくちん♪
可愛いナチュラルテイストを探している人はオススメの一枚です。

詳細は⇒胸元から膝までの木製ボタン

 

 

甘めレースフリル

裾レースと肩フリル奏でる
ナチュラル可愛い大人のオールインワン♪

甘めレースフリル

ちょい太めの肩紐で
大人コーデにもガーリーコーデにも◎

レースフリルは今っぽ!
裾もレースで仕上がりました
ナチュラルでのガーリーな印象に

ちょっぴりワイドになった足元は
あたたかさとトレンドを思わせるディティール。

シンプルなデザインなので
インナーはレースブラウスを合わせても
シースルーブラウスを合わせてもいい感じ◎
ナチュラルテイストを探している人にオススメの一枚です

詳細は⇒レースフリルは今っぽ

 

 

真夏のファッションコーディネートのポイント

夏はいつもより大胆な色使いや
デザインのファッションを楽しむ季節です。

でも汗をかきやすい、そのせいで汗染みができる、露出が高いので
太って見えるなど、夏のファッションにはいくつもの悩みがつきものです。

そこで今回は真夏のファッションコーディネートのポイントをご紹介します。

1.配色の方法を抑えておくとグッド
2.素材を楽しむと夏のファッションはぐっと垢抜ける
3.トップスとボトムズの面積は2.8、8.2の比率で考える
4.真夏のコーディネートは小物で完成させる

夏に最適なファッションコーディネートをしよう

1.配色の方法を抑えておくとグッド
夏は爽やかな色、鮮やかな色が似合う季節です。

この時にただ派手な色を組み合わせるのではなく、ちょっとした配色の
ルールを抑えておくと毎日のコーディネートに悩まず、楽しく
ファッションを考えることができます。

配色には同一色相といって同じ色を元にグラデーションを
加えたり、対照色相といって対照的な
色合いでコーディネートする方法があります。

同一色相であれば、例えば夏らしいブルーを
メインカラーに持ってきて、小物にちょっと薄い
水色などを持ってくることです。

色の濃淡を楽しむ方法で、スッキリとした
印象を残すことができます。

一方、対照色相は、青とオレンジといった
補色関係にある色を使うことです。

この場合、例えばブルーのワンピースにベルトだけにちょっと
オレンジを加えるといった、アクセント的な色使いの楽しみ方です。

色を一つで考えるのではなく、それぞれの効果を狙った配色を
少し考えるだけで、ぐっと素敵なコーディネートになりますよ。

2.素材を楽しむと夏のファッションはぐっと垢抜ける
ファッション上級者の特徴に、素材を上手に取り入れることが挙げられます。

ファッションは単に洋服の形や色だけではなく、そこにマテリアルと
スタイリングが加わって初めて上質なコーディネートが楽します。

このマテリアルというのは、洋服の素材のことです。

夏は汗をかいたり、室内に入れば冷房の温度が低すぎて
途端に寒くなるといった温度調節が難しい季節です。

寒くなりそうだからといって
厚めのカーディガンを常に持ち歩くのは素敵には見えません。

夏だからこそ、上手なレイアリングを
考えることが重要です。

例えば、肌に密着するタンクトップやTシャツであれば
汗をほどよく吸収する素材がいいでしょう。

その上に羽織るものを一枚持っていくのなら、薄めのコットンの
カーディガンは定番ですが、意外なところでは
薄いシルクのショールなどを持ち歩くのも便利です。

ボトムズには麻が最適です。麻はシワがつくので
ボトムズには向いていないように思われますが、最近はシワが
目立たない特別な加工がされているリネンもあります。

放湿性、放熱性に優れたマテリアルである
麻素材は夏にはぴったりです。

3.トップスとボトムズの面積は2.8、8.2の比率で考える

夏だからといって露出度の高いコーディネートを
すればいいというものではありません。

ただ肌を露出すれば、本人も、見る側の人も
涼しげに感じるとは限りません。

例えば気温が40度以上になるインドなどでは、暑さをしのぐためにあえて
肌を隠すという、物理的に熱を寄せ付けない暑さ対策があります。

つまり、洋服をきている本人にとっても
適度に肌を隠すことは理にかなっているのです。

そして見た目のバランスから考えても、真夏のコーディネートには
肌の露出の比率を考えておくといいでしょう。

例えば、トップスがノースリープやミッドリフあたりまで
(すなわちヘソ出しルック)
のものであれば、それだけ上半身の露出が高くなります。

ここにショートパンツなどをコーディネートすると、若い女性で
あっても幼稚に見えてしまうこともあります。

トップスが大胆にカットされているものであれば、あえて
ロングスカートやテーパードパンツなどを
ボトムズに持ってくると、バランスがいいでしょう。

反対に、トップスにシフォン素材のブラウスや、今季流行りの
オフショルダーなどを持ってくるのであれば、上半身が薄い素材で
大きく隠される分、ボトムズにはショートパンツやミニスカートを
持ってくるとぐっと夏らしくなって素敵に見えるでしょう。

自分の背丈や体型を見極め、自分にあった黄金バランスで
上下のコーディネートを考えると
素敵なスタイリングが完成するでしょう。

4.真夏のコーディネートは小物で完成させる

夏のアイテムは、往々にして秋冬ものよりも手頃で、汗をかく
素材の痛みが早いといった理由で数は多めに持つかもしれません。

Tシャツを色違いで何枚も揃えたり、ついつい夏のセールで同じような
アイテムを何枚も購入してしまうかもしれません。

ただ、これでは毎日のコーディネートに
変化が見込めず、いつ会っても同じ印象だなと人に思われてしまうでしょう。

夏のファッションは
秋冬のコーディネートほど大きく変化をつけることができません。

だからこそ、小物で勝負することをオススメします。

夏はビビッドカラー、いわゆる色の純色を使うことがポイントとなります。

ヘアアクセサリー、太めのバングル、チャームのついたアンクレット
ネックレスの複数づけ、バッグのハンドルに巻くスカーフなど
ビビッドな色をちょっと差し色として使うことが
ファッションコーディネートを楽しくしてくれるでしょう。

鏡の前で色々と試してみるといいでしょう。

夏に最適なファッションコーディネートをしよう
夏のファッションコーディネートはあまり難しく考える必要はありません。

楽しく、開放的なファッションを楽しめる一番の季節です。

色や素材、そして小物の上手な取り入れ方次第で
いつもよりワンランク上の印象を残すことができるでしょう。

配色やバランスのことをいつもよりちょっと
考えるだけで、ぐっと垢抜けるので色々と試してみてください。

グラデーション森染

 

どこから吹いてくるそよ風。
たっぷり生地で優雅に靡く
グラデーション森染ロングワンピース。

グラデーション森染

どこから吹いてくるそよ風。
たっぷり生地で優雅に靡くグラデーション森染ロングワンピース。

柔らかいナチュラル綿の素材を使ています。
肌触りはやさしい

グラデーション森染×自然なドレープ
落ちるシルエット、落ち着く雰囲気。

カーディガンのような前開きはポイントデザインで
ちょっと回ってで、独特の空気感が浮かびそうです。

ストンワンピースなので着脱楽ちん
一枚でコーデが完成するのが嬉しい◎
大人の休日に着たいアイテムです。

 

詳細は⇒グラデーション森染

 

 

上品可憐なシフォン風
お姫さまのお出掛けワンピース♪

お姫さまのお出掛け

上品可憐なシフォン風
お姫さまのお出掛けワンピース♪

首回りのフリルは顔を引き立ててくれます
ボタンもピンクで可愛い♪

胸元のタックは上品さを一匙プラス
シンプルなデザイントなのに魅力的☆

シフォン風が涼しい~
さらりとした優しい着心地です。

アクセサリーや小物をプラスすれば
お出かけスタイルに対応してくれます。

 

詳細は⇒お姫さまのお出掛け

 

 

ウエストのくびれにタッセルリボンが揺れ。
レースが魅せるナチュラル綿ワンピース

女性らしさもアップ

ウエストのくびれにタッセルリボンが揺れ。
レースが魅せるナチュラル綿ワンピース

ナチュラル素材で柔らかく、薄手の綿で、優しい肌触り♪

繊細なレース装飾はポイントデザインで、
襟元、腰間、袖にあしらったレースがシックな印象
スッキッパー襟は
顔周りを優しくシャープに見せ、大人の女性らしさもアップしてくれます。

ウエストは両サイドのタッセルリボンが上品で歩き度に揺れます。
ちょっと締まって女性のシルエットを引き立ててくれます。

透け感のある素材でマキシ丈、脚のラインは影だけ見えます。
ペチコートを合わせてもいい感じ◎

いつでも着たくなる優しい着心地のナチュラルワンピースです。

詳細は⇒大人の女性らしさもアップ

 

胸元錨

 

海に一輪の花
マリンの風吹く夏ワンピース

胸元錨

胸元錨の刺繍に注目。
マリンな気分になれる夏リネン風ワンピースです。

後ろにある木製お花ボタンも個性的♪
着脱は後ろボタンでしっかりした作り。

裾にアイレットレースを縁取りました。
女性らしさがアップしてくれます。
ペチコートと合わせてもGOOD◎

セーラーカラーはなくても気軽なマリン風♪

胸元錨の刺繍に注目

 

 

恋色の花が咲く
お花に囲まれたつば広麦わら帽子

恋色の花が咲く.

ピンクのオーガンジーリボンに
立体お花モチーフが咲いた春らしいデザインのストローハット。

つば広デザインなので日差しもしっかり防げます。

ピンクのリボンとお花でコーデが華やぐ
ナチュラル麦わら帽子です。

恋色の花が咲く

 

 

 

 

 

綿麻繊細刺繍が美しい

 

綿麻繊細刺繍が美しい。
花の首飾り大人チュニック

花の首飾り大人チュニック

薄い金色の細やかな刺繍アートが花の首飾りのように
明るい湖色に映えます

胸元の小さいVネックは小顔効果あり!
気になる体型までカバーしてくれる軽い一枚
夏にぴったり~

パンツにもスカートにもピッタリな上品なチュニック

詳細は⇒綿麻繊細刺繍が美しい

 

 

輝かしい宝石。
五色の宝石を鏤められた優しい綿ワンピース

輝かしい宝石

柔らかくて、薄手の綿で紡がれた
優しい肌触りのロングワンピース♪

夏にぴったりストンワンピース

ウエストの紐がキュッと締まって
ふんわりシルエット♪

輝かしい宝石柄は元気いっぱいで明るいイメージ

いつでも着たくなるゆったり着心地。
ペチコートを合わせてもいい感じ◎

詳細は⇒いつでも着たくなるゆったり着心地

 

 

 

風のさざめきを描く

 

風のさざめきを描く
涼しげなフリル袖ティアードドレープブラウス

風のさざめきを描く

風のさざめきを描く
涼しげなフリル袖ティアードドレープブラウス

すっきりとしたシンプルなデザインに
袖から胸元に施した重ねフリルがラグジュアリー感をプラス。
遊び心と上品さを兼ね備えた大人の女性にお似合いなトップスです。

ボトムともバランスよくコーデできる程よいサイズ感の着丈。
パンツやフレアスカートに組み合わせて自由のスタイルを楽しんで。

フリル袖ティアードドレープブラウス。

詳細は⇒風のさざめきを描く

 

 

黒の踊り子。
胸元にフリルレースが踊る
黒の花が咲く上品な総レースワンピース

黒の踊り子

黒の踊り子。
胸元にフリルレースが踊る
黒の花が咲く上品な総レースワンピース

一目で惹かれる美しいお花のレースワンピース。
レースの花が咲き誇る中に胸元の重ねフリルが
シンプルな上品さを一匙プラス♪

ウエストはゴムで伸縮し、ハイウエストデザインなので
美しいすっきりとしたシルエットを造形。

総レースなのに、静かで落ち着いた雰囲気。

透け感のある衿周り、袖と裾
上品さ際立つ美ワンピース。

詳細は⇒黒の踊り子

 

 

とろけるBitterチョコレート

 

とろけるBitterチョコレート
シフォンのリボンブラウス★

とろけるBitterチョコレート

見た目の第一印象は美味しそう!
きっとチョコレートの味☆
サラサラとした手触り、胸元のリボンがとってもキュート

Bitterのチョコ色なのに、どこか甘い雰囲気。
オトナにもぴったりの一枚です。

詳細は⇒とろけるBitterチョコレート

 

 

杉柄模様の透け感上品ふんわりフレアスカート

杉柄模様の透け感上品

杉柄模様の透け感上品ふんわりフレアスカート

杉柄模様がすっきり、上品な効果で魅せます。

後のみ伸縮するゴムウエストは着心地は良い♪

ふんわりラインで可愛く上品なオトナに

詳細は⇒ふんわりラインで可愛く上品なオトナに

 

 

テンポ良く喋るコツ8つ。相手と流れる様に話せるようになろう

普段誰かと会話していてどうにも噛み合わない、会話が
続きにくいといったことはありませんか。

もしかしたらそれは喋る時のテンポが悪いのかもしれません。

そこで今回は、テンポよく喋るコツをご紹介します。
1.結論を決めておく
2.急に話題を変えない
3.主語目的語をはっきりさせる
4.ゆっくり、はっきりと話す
5.間を作る
6.相手の話に割り込まない
7.身振り手振りを交える
8.身の回りを観察する癖をつける
テンポよく喋ろう
1.結論を決めておく
自分が一通り話した後「え、オチは?」などと言われたことはありませんか。

親しい間柄であれば会話そのものを
楽しめるので、結論がなくてもいい場面もあります。

しかしあまり親しくない人との会話において、尻切れトンボな会話は
流れを止めてしまい、余計な質問の手間を相手に取らせることになってしまいます。

オチといっても、必ず笑える要素や感動させる要素を
入れなくてはいけないというわけではありません。

大事なのは、今何の話をしているかをわかってもらうことです。

喋りたいことは決まっていても、内容はそこまで考えていないという
場合は、先に結論から言ってしまうのも手です。

こうしておけば、多少テンポが悪くなっても、相手が話題を逃すことがなくなります。
2.急に話題を変えない
話に熱が入ってくると、つい色々な話題を話してしまい、本筋から脱線して
「今何話してたんだっけ?」となったことはありませんか。

少しなら構いませんが、あまりにも本筋から
かけ離れてくると、戻るのに時間がかかってしまいます。

付け足しはほどほどにしましょう。

会話をしていると必ず、お互いが沈黙してしまう場面がやってきます。

そこで焦って話題を無理に変えたりしようとはしていませんか。

これを繰り返していると前述のような脱線をしてしまいます。

やってきた沈黙は小休止だと思って、あまり気にしないようにしましょう。

はさむのなら、周りを少し観察して、天気の変化や、人が混んできたことなど
それほど引っ張らないことに留めておくと脱線をせずにすみます。

「話は変わるんだけど」はなるべく使わないようにしましょう。
3.主語目的語をはっきりさせる
「結婚したの知ってる?」
「そういえばやっておいてくれた?」などと言われて困った経験はないでしょうか。

きっと心の中で「誰が?」「何を?」と思ったはずです。

特に親しい間柄では、相手がわかっていること前提で、余計なプロセスを
省こうとしてこのような会話が起きやすいです。

しかしどんなに親しかろうと、主語や目的語を
省略してしまえば会話の内容はわからなくなります。

その度に聞き返していては話のテンポはかえって悪くなります。

喋る時は必ず、誰がしたのか、何をしたのか明確にするようにしましょう。

会話は相手ありきのものです。

相手に徒労をさせないことが大事です。

4.ゆっくり、はっきりと話す
テンポの良い喋り方をしようとして、喋り方そのものを単純に
早くしただけでは、相手に焦燥感として伝わってしまいますし、かえって聞き取りにくくなります。

会話はめりはりが大事です。

強調したいことはゆっくり、はっきり話すようにすると
どこを注意して聞けばいいのか、相手に伝わりやすくなり、スムーズにやりとりすることができます。

早口で一気に駆け抜けて「今何て言ったの?」と言われては元も子もありません。

5.間を作る
一つの話題に対して途切れることなく喋れるのは
悪いことではありませんが、それだけだと自分も相手も疲れてきます。

会話は文字に残ったりしないので、その場で頭の中をきちんと整理しなければなりません。

そのため、あまりにも隙間なく
喋ってしまうと、相手に整理する時間が与えられず、内容が頭に入りません。

会話にも文章と同じように段落のようなものがあり、それが間です。

一旦落ち着いて相手の反応を見て、話題を変えるか続けるか考える時間を作りましょう。

沈黙も会話の一種です。

上手く使えば話題の切り替えもスムーズにいくようになりますよ。
6.相手の話に割り込まない
相手が話している途中で
「あ、そのことなんだけど」など、途中で話をさえぎったことはありませんか。

これは最も話のテンポを乱す行為です。

特にその話に熱が入ってきている時にこれをすると、同じ熱意で話ができないかもしれません。

テンポよく喋ろうと思えば、相手のテンポを考えるのも大事なことです。

7.身振り手振りを交える
人は視覚から非常に多くの情報を得ています。

聞くだけでは理解に時間がかかることも、見ることですぐに理解することできます。

「直径三十センチぐらいのボール」と言うよりも、手を使って
「これぐらいのボール」としぐさをすると、相手はすぐに理解し、スムーズに会話することができます。

こういった身振り手振りは、多少大げさなぐらいな方が効果があります。

口だけが会話の手段ではないということですね。
8.身の回りを観察する癖をつける
どんな会話においても、話題なくしては始まりません。

ネタは多く持つに越したことはありません。

特別すごい経験である必要はなく、天気をチェックしたり、道端を
歩いていたら見つけたキレイな花、自分のドジな失敗、何でも構いません。

とにかくしっかりと自分の周りを観察することが大事です。

実際に人と話している場所でも、ちょっとした変化を
見つけることができれば、話題に事欠くことはありません。

テンポよく喋ろう
テンポよく喋るコツをご紹介しました。

会話は相手がいて初めて成り立つものです。

相手のことを考えて、よく伝わるような会話を
心がけていけば、きっとテンポよく喋ることができるようになりますよ。